三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法14】

Pocket

今回もまた、下降トレンドで見られる売りサインについて見てみるのでござるぞ!
今回見るのは、下げ三法なのでござる。
このような形でござるぞ。

上げ三法でも説明したとおり、三法とは「売り・買い・休み」を意味しており、酒田五法では、休みも重要であるとされておるのでござる。

この下げ三法は、大陰線の値幅の範囲内で3本の陽線が出て、その後安寄りした陰線が出現した形でござるぞ。

大陰線が出て、陽線が3本連続したことで、底に到達したと思わせるのでござるが、その後3連続で陽線が続き、大陰線が陽線をはらんだ状態となるのでござる。この段階で、まだ底に来ていないことを示唆しているのでござる。最後の陰線が安寄りした陰線になったことで、下降トレンドはまだ続くことを表しておるのでござるぞ。

逆のパターンは以前紹介した、上昇トレンドで現れる上げ三法なのでござる。こちらは買いサインでござるぞ。

関連記事

【同業の2社について比べるのでござる】

今回もまた、異なる2つの会社について見てみるのでござる。 このA社とB社は小売業なのでござる。どちらもPERは15倍でござるぞ。 【A社】 売上高…100億円、経常利益10億円、純利益6億円、株式時価 …

陰線五本【売りシグナルの酒田五法8】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのじゃ! 今回見るのは、陰線五本でござるぞ。 こんな形でござる。 陰線五本は、5連続で陰線が出ているチャートのことで、5本の陰線が横ばいまたは、そ …

【解散価値と株式時価総額とを考えてみるのでござる。】

「解散価値」という言葉を聞いたことはあるじゃろうか? 解散価値とは、総資産から負債を引いたもので、「純資産」、「株主資本」とも呼ばれているのでござる。 この純資産(株主資本)を発行済株式総数で割ったも …

【PBRはどういうものなのか?(その2)】

前回は、ある架空の会社のバランスシートを見て、株式時価評価額とPBRとのパターンのうちの1つを見てみたのでござるぞ。 今回も、同じバランスシートを見て、株式時価評価額とPBRの他のパターンを見てみるの …

団子天井【売りシグナルの酒田五法3】

今回も天井圏で見られる売りサインについて見てみるのじゃ! 今回見るのは団子天井なのでござるぞ。 このような形でござる。 団子天井は、高値圏で短い足が何本も続いた後、窓を開けて下放れた陰線が出現した状態 …

トップへ戻る