たくり線【買いシグナルの酒田五法5】

Pocket

今回もまた底値圏で見られる買いサインについて見てみるのでござる。

今回見るのはたくり線でござる。

「たくり線」とは下降局面で安く寄り付きいて出現する、下ヒゲの長いローソク足のことでござるぞ。

図のように陰線のカラカサが来るのが基本の形じゃが、陽線のカラカサや上ヒゲがあるもの、また、トンボのたくり線もあるのでござる。
いずれの場合も、下降局面で現れ、底打ちのシグナルとされておるぞ。
なお、陽線のカラカサの場合は、より上昇の勢いが強いという説もあるのじゃ。

このような形が出るのは、下降トレンドの中で大幅安になったものの、途中、一転して買いが入り値を戻したからでござるぞ。これは、損切りや投げ売りなどが一通り終わったことを示しており、途中から買い勢力が増し、値を戻したということなのでござる。

このたくり線は、下ヒゲの長さが長いほど強く、また直前の陰線が大きいほど信頼性が強くなるとされているのでござるぞ。
また、たくり線のあとに陽線が出現すれば、上昇相場に転換したと考えて良いのでござる。

また次回も底値圏で見られる買いサインを見てみるのでござる!

関連記事

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法11】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのでござる。 今回は、三手放れ寄せ線でござるぞ。 このような形でござる。 三手放れ寄せ線とは、上昇トレンドの中、上放れした状態で陽線が3連続で出現 …

【量的金融緩和によって銀行の預貸率はどうなったのじゃろうか?】

前回書いたとおり、アベノミクスによって行われた、一連の黒田バズーカ(量的金融緩和)は、金融機関側の貸し出しへの誘因を高めつつ、名目・実質両金利の低下を通じて借り手側の資金需要を増やそうとしているという …

【またまた同じPBRの会社を比べてみるのでござる!】

同じPBRの会社について、またバランスシートの内容を見ながら比べてみるのでござるぞ。 今回もまた、A社、B社という2つの会社を見てみるのでござる。 この2つの会社はどちらもPBRが0.5倍なのでござる …

かぶせ線の上抜き【買いシグナルの酒田五法21】

今回もまた、上昇トレンドの中で現れる買いサインを見てみるのでござる。 今回見るのは、「かぶせ線の上抜き」なのでござる。 このような形でござるぞ。 かぶせ線の上抜きとは、上昇トレンドの中、大陽線の後に、 …

【またHLバンドについて見てみるのじゃ!】

前回HLバンドについて取り上げたのじゃが、今回もまたHLバンドを見てみるのでござるぞ! HLバンドはトレンドの方向はMバンドの向きで確認するのでござるぞ。 Hバンドを抵抗線と考え、Lバンドを支持線と考 …

トップへ戻る