【RSIについて説明するのでござる】

Pocket

今回はオシレーター系指標として有名なRSIを取り上げるのでござる。
RSIは、直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのかを測る指標で、直近n期間の各時点における終値ベースの変動幅(上昇幅の累計と下落幅の累計)を合計し、その中で上昇幅の累計が全体の何%を占めているのかを計る指標なのでござるぞ。

RSIの計算式は、

n日間の値上がり幅÷(n日間の値上がり幅+値下がり幅)

となるのでござる。

前日の終値より当日の終値が高い場合…つまり、当日のローソク足が陽線であれば値上がり幅に、反対に低い場合(つまり陰線のローソク足である場合)、値下がり幅にカウントするのでござる。
判断の根拠が値幅=上昇や下降の幅を基準にしている点が、株価自体に注目した移動平均線などとは違うのでござるぞ。RSIは「相場の振幅=相場の勢い」をすばやく察知できるのが特長なのじゃ。

なお、RSIの一番ポピュラーな使い方は、

RSIが70~80%以上になったら買われ過ぎ→売り
RSIが20~30%以下になったら売られ過ぎ→買い

というものでござる。
とはいえ、RSIにも弱点があるのじゃ。上昇、下降を問わず、強いトレンドがある相場では、RSIが100%や0%近辺に張りついてしまい、正確なサインを出せなくなるのでござる。
そのため、RSIは単独で使わず、トレンド系のテクニカル指標(例えば移動平均線など)と一緒に使って、互いの欠点を補い合う形で使うのがベストでござるぞ!

関連記事

【PBRについてまた説明するのでござる】

前回、PBRについて解説をしたのでござるが、今回もまたPBRを見てみるのでござる。 PBRは1倍に近づく程、底値になるというのは前回説明したとおりでござる。PBRが1倍に近付く程会社が解散した時の企業 …

爆買い効果で売上更新なのじゃ

花王(4452)は中国観光客の爆買いにより「メリーズ」の売り上げが伸び、2015年1月~6月期の連結営業利益が過去最高となったのじゃ。確かにドラッグストアに行くたび、紙おむつの中でもメリーズのコーナー …

抱き線【買いシグナルの酒田五法3】

前回・前々回と、陰の陰はらみ、陰の陽はらみといった、はらみというローソク足の組み合わせのうち、底の到来を予兆させる買いシグナルについて見たのでござる。 今回も底の到来を予兆させる買いシグナルを見てみる …

【酒田五法について説明するぞ!】

前回触れた酒田罫線じゃが、その内容について、今回から詳しく見ていくぞ! この酒田罫線では酒田五法と呼ばれるローソク足の並びがあるのじゃ。 このローソク足の並びや形でその後の相場の流れを読んで行くのじゃ …

【配当性向とはなんでござるか?】

前回は配当利回りについて解説したのでござるが、今回は配当性向について解説するのでござる。 この配当性向も、配当利回り同様によく出てくる用語なのでござるぞ。 配当性向とは、基本的に、当期純利益(税引後利 …

トップへ戻る