【PERとPBRを組み合わせてみてみるのでござる!】


今回もまた、2つの会社を比べるのでござる。
今回もまたA社とB社という2つの会社を見るのでござるぞ!
なお、A社はPBR2倍、PER20倍B社はPBR1倍、PER25倍なのじゃ。

【A社】
(バランスシート)
現金・同等物…250億円、その他資産350億円
有利子負債…200億円、その他負債200億円、自己資本200億円

(損益計算書)
売上高…750億円、経常利益…35億円、純利益20億円

【B社】
(バランスシート)
現金・同等物…300億円、その他資産300億円
有利子負債…100億円、その他負債100億円、自己資本400億円

(損益計算書)
売上高…600億円、経常利益…32億円、純利益16億円

このA社とB社、投資対象として有望なのはどちかというと、B社なのでござるぞ。

A社とB社では経常利益率には大差がないのでござる。そこでバランスシートの中身を見てみると、B社の方が現金と同等物が多いことが分かるのじゃ。もしもB社が仮に借金(有利子負債)を返済しても、現金・同等物は200億残るのでござる。もし、B社が余剰キャッシュをすべて使って自社株買い入れ消却を行うと、株価が変わらなかった場合、株式時価総額は200億円減少するのでござる。もともとの株式時価総額は16億円×25億円で400億円なので、株式時価総額は200億円となるのでござる。この場合のPERは12.5倍になるので、A社より割安となるのでござる。

関連記事

【量的金融緩和は実体経済にどれくらい波及しておるじゃろうか】

すでに取り上げたとおり、アベノミクスによる量的金融緩和という政策は、デフレマインドを払拭する狙いもあるのじゃ。 デフレマインドについてはどうなっているのかというと、日本銀行が四半期ごとに実施している「 …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その2>】

前回は酒田五法の三空を見てみたぞ!三空踏み上げ、三空叩き込みについて詳しくみたのじゃが、今回はその三空の補足事項として、アメリカで使われている4種類のギャップを見てみるでござるぞ。 まずは下のローソク …

【配当利回りと配当性向を見てみるのでござる】

前回は配当性向について書いたのじゃが、では実際、配当利回りと配当性向はどのように見るのでござるか? 例えば異なる2つの会社を比べてみるのでござる。 A社は1株あたりの利益が100円、社内留保等に70円 …

抱き線【買いシグナルの酒田五法3】

前回・前々回と、陰の陰はらみ、陰の陽はらみといった、はらみというローソク足の組み合わせのうち、底の到来を予兆させる買いシグナルについて見たのでござる。 今回も底の到来を予兆させる買いシグナルを見てみる …

【ボリンジャーバンドはどうやって使うのでござるか?】

数回にわたってボリンジャーバンドについて取り上げておるのでござるが、では、ボリンジャーバンドはどのように使うのでござろうか?実際の使い方について見てみるのでござる。 ボリンジャーバンドは、収束と拡散を …

トップへ戻る