【PBRでその会社の特徴を見てみるのでござる】

Pocket

PBRについて取り上げておるのでござるが、以前も書いたとおり、PBRが同じ値だったとしても、バランスシートの中身が異なれば、まったく捉え方が違うのでござる。

例えば、PBR0.5倍の会社AとBが二つあるとするのでござる。
この会社のバランスシートを見ると、負債と自己資本はどちらの会社もそれぞれ50億円ずつで同じなのでござるが、大きく違う点が、現金・同等物の額なのでござる。

A社…現金・同等物が約4億5000万円

B社…現金・同等物が約29億円

なのでござる。

この場合、どちらの会社が買収されやすいのかというと、B社の方なのでござる。
というのも、B社の方が現金・同等物が多く、買収元企業がB社株を全部買い取った後、買収金をB社からの配当金で回収できるからなのでござるぞ。

今回は買収のしやすさについて見てみたのでござるが、このように、同じPBRであっても、バランスシートがどうなっているかでまったく意味が異なるのでござるぞ!

関連記事

【株主優待も配当利回りなのでござる】

株取引の醍醐味の一つである株主優待。株価の変動によるさや抜きを狙うのはもちろん、この株主優待も重要で、株主優待を重視して取引を行っている桐谷さんのような人もおるのでござるぞ。 そんな株主優待でござるが …

【在庫変化を比べてみるのでござる!】

今回も同じPBRの2つの会社を見てみるのでござるぞ! A社、B社の2つの会社なのじゃが、どちらもPBRは0.5倍なのでござる。 【A社】 (売上高)2009年3月…70億円、2010年3月…80億円、 …

【PERって何でござるか?】

今回からはPERについて見てみるのでござる。 PERという言葉を聞いたことはあるじゃろうか? PERは株価収益率のことなのでござる。このPERは、会社の利益と株価の関係とを表していて、割安性を測ること …

【量的金融緩和によって銀行の預貸率はどうなったのじゃろうか?】

前回書いたとおり、アベノミクスによって行われた、一連の黒田バズーカ(量的金融緩和)は、金融機関側の貸し出しへの誘因を高めつつ、名目・実質両金利の低下を通じて借り手側の資金需要を増やそうとしているという …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その3>】

前回は、赤三兵の一種である赤三兵先づまりをを説明したぞ。 今回見てみるのは、前回同様、赤三兵の一種である赤三兵思案星じゃ。 こんな形でござるぞ! この赤三兵思案星も、基本の赤三兵同様、一応陽線が切り上 …

トップへ戻る