【PBRでその会社の特徴を見てみるのでござる】


PBRについて取り上げておるのでござるが、以前も書いたとおり、PBRが同じ値だったとしても、バランスシートの中身が異なれば、まったく捉え方が違うのでござる。

例えば、PBR0.5倍の会社AとBが二つあるとするのでござる。
この会社のバランスシートを見ると、負債と自己資本はどちらの会社もそれぞれ50億円ずつで同じなのでござるが、大きく違う点が、現金・同等物の額なのでござる。

A社…現金・同等物が約4億5000万円

B社…現金・同等物が約29億円

なのでござる。

この場合、どちらの会社が買収されやすいのかというと、B社の方なのでござる。
というのも、B社の方が現金・同等物が多く、買収元企業がB社株を全部買い取った後、買収金をB社からの配当金で回収できるからなのでござるぞ。

今回は買収のしやすさについて見てみたのでござるが、このように、同じPBRであっても、バランスシートがどうなっているかでまったく意味が異なるのでござるぞ!

関連記事

【ゴールデンクロスとデッドクロスを見てみるのじゃ!】

ここまで何回かに渡って移動平均線を見てきておるが、この移動平均線で有名なのが、ゴールデンクロスとデッドクロスでござるぞ。 ゴールデンクロスとデッドクロスという名前を聞いたことがある、という方もいるので …

連続下げ三手放れ三ツ星【買いシグナルの酒田五法13】

底値圏で見られる上昇サインについて、今回も見てみるのじゃ! 今回は、連続下げ三手放れ三ツ星について見てみるのでござるぞ! 連続下げ三手放れミツ星とは、下放れて窓を開け、3本の短い陰線が続き、十字線が現 …

陽の陰はらみ【売りシグナルの酒田五法5】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるぞ! 今回は陽の陰はらみを見てみるのでござる。 このような形でござるぞ! 陽の陰はらみとは、上昇トレンドの中の天井付近で大陽線が出て、前日の大陽線の中に …

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法13】

下降トレンドで見られる売りサインについて今回も見てみるのでござる。 今回見るのは捨て子線なのでござる。 このような形でござる。 捨て子線については、底値圏で見られるもの、天井圏で見られるものについて見 …

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法11】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのでござる。 今回は、三手放れ寄せ線でござるぞ。 このような形でござる。 三手放れ寄せ線とは、上昇トレンドの中、上放れした状態で陽線が3連続で出現 …

トップへ戻る