【PBRが低くても、『買い』の銘柄を見つけるのでござる!】

Pocket

低PBR株のうち、倒産リスクの少ない、買いの銘柄を見つける方法として、前回はネットキャッシュがプラスかどうかを見ることを紹介したのでござる。

今回はそれ以外の判断基準を紹介するのでござる。

まず一つ目は、フリーキャッシュフローが安定的に黒字かどうか、ということなのでござるぞ。というのも、金融機関が与信先のリスクを見る時、一番重視するのがキャッシュフローだからなのでござる。景気にあまり左右されず、不況であってもキャッシュフローが安定的に黒字の会社は倒産リスクが低いと判断されるのでござる。

次に、営業利益率(または経常利益率)が安定的に高い(最低でも5%以上、10%以上なら非常に良い)かどうか、ということが挙げられるのでござる。
というのは、利益率の高い会社というのは、往々にして、独占事業を行っていることが多いのでござる。営業利益率は、土地売却等の一時的な利益などの影響を受けにくく、これが安定的に10%を超えているのは、経営が安定している証拠なのでござるぞ!

関連記事

【特別損失に注目するのでござる】

これまで数回にわたって、PERと低PERについての解説をしてきたのでござるが、いよいよ今回からは、バランスシートを比較して、PERを見てみるのでござるぞ! 今回はA社とB社という2つの会社について見て …

【在庫変化を比べてみるのでござる!】

今回も同じPBRの2つの会社を見てみるのでござるぞ! A社、B社の2つの会社なのじゃが、どちらもPBRは0.5倍なのでござる。 【A社】 (売上高)2009年3月…70億円、2010年3月…80億円、 …

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法11】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのでござる。 今回は、三手放れ寄せ線でござるぞ。 このような形でござる。 三手放れ寄せ線とは、上昇トレンドの中、上放れした状態で陽線が3連続で出現 …

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法14】

今回もまた、下降トレンドで見られる売りサインについて見てみるのでござるぞ! 今回見るのは、下げ三法なのでござる。 このような形でござるぞ。 上げ三法でも説明したとおり、三法とは「売り・買い・休み」を意 …

【ローソク足と酒田罫線】

株やFX、商品先物、バイナリーオプション等、数多くの金融商品があり、その価格変動は様々な方法でチャート表示されておるぞ。日本ではローソク足が主流じゃぞ。一方欧米ではバーチャートと呼ばれるチャートが主流 …

トップへ戻る