【2つの会社のPERを見ながら比較するのでござる】


今回も、PERを比べながら2つの会社を比較するのでござる。
今回もA社、B社という2つの会社を見てみるのでござるぞ。
A社はPER5倍、B社はPER100倍でござるぞ。そして、A社B社ともに小売と飲食事業を行っておるのでござる。
A社は小売を主体として飲食を多角化、B社は飲食を主体として小売を多角化という形での経営をしておるのでござる。
しかし、今回、A社は飲食事業を売却、そして、B社は小売事業を売却することになったのでござる。

【A社】
A社全体の売上高…200億円(内訳:小売…150億円、飲食…50億円)
A社全体の営業利益…25億円(内訳:小売…9億円、飲食…16億円)

【B社】
B社全体の売上高…200億円(内訳:小売…50億円、飲食…150億円)
B社全体の営業利益…25億円(内訳:小売…-5億円、飲食…30億円)

A社とB社、どちらが投資対象として有望かというと、B社の方なのでござる。
B社は不採算部門である小売事業を売却し、高収益部門である飲食部門に特化するので有望なのでござる。
一方のA社じゃが、利益率の低い小売部門を残し、高収益部門である飲食部門を売却するので、来期以降はさらに利益が減少してしまい、PERが上がることは避けられないと考えられるのでござるぞ。

関連記事

捨て子線【売りシグナルの酒田五法4】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのじゃ! 今回見るのは捨て子線なのでござる。 このような形なのでござるぞ。 捨て子線とは、十字線が上放れてポツンと現れ、前後の足と離れているチャー …

入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法19】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインについて見てみるのじゃ! 今回見るのは二ツ星、三ツ星でござる。 このような形でござるぞ。 二ツ星・三ツ星は、以前上昇トレンドの底値圏で見られるものについ …

入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法18】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるぞ! 今回見るのは、入り首とアテ線でござる。 入り首はこのような形でござる。 アテ線はこのような形でござる。 入り首は陽線で、下落相場において …

【移動平均線乖離率って何でござるか?】

数回に渡って移動平均線について取り上げてきたのでござるが、今回は、移動平均線乖離率について取り上げるのでござる。 この移動平均線乖離率とは、株価が移動平均線に対してどれくらい離れているかを見るものなの …

【低PERとは何倍のことを言うのでござるか?】

前回、PER10倍は低PERである、ということに触れたのでござる。 しかし、PERが低いというのは、いったいどれくらいのことを言うのでござるか、改めて見てみたいのでござる。 前回少し紹介したとおり、現 …

トップへ戻る