【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その2>】

Pocket

前回は酒田五法の三空を見てみたぞ!三空踏み上げ、三空叩き込みについて詳しくみたのじゃが、今回はその三空の補足事項として、アメリカで使われている4種類のギャップを見てみるでござるぞ。
まずは下のローソク足チャートを見るのじゃ。4つの窓があるのが分かるぞ。

①コモンギャップ(common gap)
商いが薄く流動性のない銘柄などで見られるボックス相場で良く見られるギャップ(窓)でござる。このギャップは重要な意味はほとんどないと言って良いのでござる。このように窓が空くのは、あまりに取引量が少ないために、少々オーダーが入っただけで、相場が影響を受けてしまうためなのじゃ。それほどに商いが薄いということでござる。

②ブレイクアウェイギャップ(breakaway gap)
トレンドの転換を示す動きが始まる時に見られるぞ。ボックス相場を放れた時の窓なので、この形になった後は、それまでの相場とは動きが全く異なることになるのでござる。このギャップは取引高の増加も伴うのが特徴じゃ。それまでの薄商いから一転、取引量も増加しながら上昇、あるいは下降トレンドを形成していくのじゃ。

次回は、③と④について見てみるぞ!

関連記事

【黒字に転換させやすいものについて考えてみるのじゃ!】

今回もまた同じPBRの会社について見てみるのじゃ。今回の会社AとBは、どちらもPBRは0.5倍なのじゃぞ。 そして、AとBはどちらも赤字企業なのじゃ。さらに、売上高も同じで、事業は2種類行っておるのじ …

【一目均衡表って何じゃ?】

一目均衡表は、日本生まれの数少ないテクニカル指標の一つで、株式評論家の細田悟一氏が一目山人というペンネームで戦前に発表したテクニカル指標でござる。延べ2000人のスタッフ(学生)とおよそ7年の歳月をか …

抱き線【売りシグナルの酒田五法9】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回見るのは、抱き線でござる。別名つつみ線とも呼ばれておるぞ。 このような形でござる。 抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形にな …

【利益の安定性をチェックするのでござる】

前回は同じPBRで売上高や営業利益の異なる会社を比べてみたのでござる。 今回も同様に、売上高や営業利益の異なる会社を比べてみるのでござる。 A社、B社という2つの会社があるのでござる。この会社はどちら …

二本の差し込み線【買いシグナルの酒田五法8】

今回もまた、底値圏で見られる上昇サインを見てみるのでござるぞ! 今回見るのは、二本の差し込み線でござる。 そもそも差し込み線とは、最初に陰線、次に陽線という組み合わせで、かつ、2本目の陽線の実線(胴の …

トップへ戻る