【黒字に転換させやすいものについて考えてみるのじゃ!】

Pocket

今回もまた同じPBRの会社について見てみるのじゃ。今回の会社AとBは、どちらもPBRは0.5倍なのじゃぞ。
そして、AとBはどちらも赤字企業なのじゃ。さらに、売上高も同じで、事業は2種類行っておるのじゃ。
なお、赤字の額はどちらも同じ、15億円なのじゃ。

【A社】
売上高250億円、事業1の売上高125億円、事業2の売上高125億円
A社全体の営業利益-15億円、事業1の営業利益-7.5億円、事業2の営業利益-7.5億円

【B社】
売上高250億円、事業αの売上高125億円、事業βの売上高125億円
B社全体の営業利益-15億円、事業αの営業利益-22.5億円、事業βの営業利益7.5億円

このA社、B社、どちらも赤字が15億円ではあるが、黒字に転換させやすいのは、B社の方なのじゃ。というのは、B社については、事業βについては黒字だからなのじゃ。そのため、赤字である事業αを立て直しさえすれば、黒字、あるいはそこまでいかなくともプラスマイナスゼロのところまでは持って行けるのじゃ。そのためには、事業αを売却する、あるいは事業αそのものをやめることも選択肢に入ってくるのじゃ。

なお、A社については難しいのじゃ。というのも、利益が出せている事業がないからなのじゃ。そのため、事業1、2ともに赤字を解消し、0まで持っていったとしても、その後どのように事業1と2で利益を出して高収益になるまでの道筋が見えないのが問題なのじゃ。

関連記事

【またHLバンドについて見てみるのじゃ!】

前回HLバンドについて取り上げたのじゃが、今回もまたHLバンドを見てみるのでござるぞ! HLバンドはトレンドの方向はMバンドの向きで確認するのでござるぞ。 Hバンドを抵抗線と考え、Lバンドを支持線と考 …

【2つの会社の配当利回りを見て、増配余地を探るのでござる】

今回もまた2つの会社を見てみるのでござる。 今回見る会社でござるが、A社とB社なのでござる。 A社については配当利回りが1%、B社については配当利回りが3%でござるぞ。 【A社】 (バランスシート) …

【同じPERの会社を見てみるのでござる】

今回もまたA社とB社という2つの会社を比べてみるのでござる。 この会社はどちらもPER20倍なのでござる。 そして、どちらも受注産業なのでござる。 【A社】 (受注高) 2010年…50億円、2011 …

首つり線【売りシグナルの酒田五法1】

前回までは、底値圏や上昇トレンドで見られる買いサインについて見てきたのでござるが、今回からは、売りサインを見てみるのでござるぞ! まずは、天井圏で見られる買いサインを見てみるのでござる。 今回見るのは …

【同じPBRでもバランスシートの中身に注目でござるぞ!】

前回も紹介したとおり、同じPBRでも、バランスシートの中身が違えば、まったく捉え方が違ってくるのでござるぞ。 前回は現金・同等物の金額の違いについて注目してみたのじゃが、今回もまたバランスシートの中身 …

トップへ戻る