【量的金融緩和によって銀行の預貸率はどうなったのじゃろうか?】

Pocket

前回書いたとおり、アベノミクスによって行われた、一連の黒田バズーカ(量的金融緩和)は、金融機関側の貸し出しへの誘因を高めつつ、名目・実質両金利の低下を通じて借り手側の資金需要を増やそうとしているという点では、従来の金融政策の狙いと大きく変わるものではないのじゃ。そのため、結局のところ、今回の政策による実体経済への影響を考える上で大きな鍵を握るのは、実は銀行からの貸し出しがどこまで増えるかの一点にかかっていると言えるのじゃぞ。

では、肝となる、銀行の預貸率はどうなっておるのじゃろうか。
アベノミクスが始まる前から資金需要は緩やかに回復しておったのじゃ。銀行貸出の増加基調がここ数年、定着した結果、1990年代前半から低下が続いていた銀行の預貸率も下げ止まりつつあるそうじゃぞ。
しかし、銀行が長らく悩んできた膨大な預金と貸出金とのギャップが解消するレベルにはいまだにないそうなのじゃ。

銀行は、その膨大な預貸ギャップを埋めるための重要な運用手段である国債を日銀に吸い上げられておるのじゃ。そのため、ポートフォリオ・リバランス効果による貸出増の動機は、採算面を除けば確かに揃っているそうなのじゃ。にも関わらず、銀行貸出の伸びが預貸率を反転させるほど強くならないのは、実体経済での資金需要の増加に限界がある可能性が高いのじゃ。

この状況を打破するためには、企業が日本国内で投資をするよう促す政策が必要になるのじゃぞ。例えば、既に行われている設備投資減税や研究開発減税の拡充はまさにその一例なのじゃ。この他に、企業の人手不足の解消を促進する政策も、資金需要の拡大を促すと考えられるのじゃ。

関連記事

たくり線【買いシグナルの酒田五法5】

今回もまた底値圏で見られる買いサインについて見てみるのでござる。 今回見るのはたくり線でござる。 「たくり線」とは下降局面で安く寄り付きいて出現する、下ヒゲの長いローソク足のことでござるぞ。 図のよう …

【パラボリックとは何でござるか?】

パラボリックとはトレンド系テクニカル指標の一つなのでござる。「パラボリック」という名前は放物線という意味で、ローソク足チャートの上下に出ている放物線の形をした線のことを意味しておるのでござる。RSIの …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その2>】

前回は酒田五法の三空を見てみたぞ!三空踏み上げ、三空叩き込みについて詳しくみたのじゃが、今回はその三空の補足事項として、アメリカで使われている4種類のギャップを見てみるでござるぞ。 まずは下のローソク …

【MACDでの的中率を上げるにはどうしたら良いでござるか?】

これまで数回に渡り、MACDについて取り上げてきたぞ! MACDは、相場がもみ合うと、小さなゴールデンクロスやデッドクロスが頻繁に出て、だましが増えてしまうのでござる。また、移動平均がベースとなってい …

【解散価値と株式時価総額とを考えてみるのでござる。】

「解散価値」という言葉を聞いたことはあるじゃろうか? 解散価値とは、総資産から負債を引いたもので、「純資産」、「株主資本」とも呼ばれているのでござる。 この純資産(株主資本)を発行済株式総数で割ったも …

トップへ戻る