【配当性向とはなんでござるか?】


前回は配当利回りについて解説したのでござるが、今回は配当性向について解説するのでござる。
この配当性向も、配当利回り同様によく出てくる用語なのでござるぞ。

配当性向とは、基本的に、当期純利益(税引後利益)のうち配当金としてどのくらい支払われているかをパーセンテージで表したもののことでござる。ちなみに、税引前当期純利益がベースになることもある。配当性向は、投資を行う際に企業を評価する重要な指標の一つされているのでござる。

この配当性向は、1株あたりの配当額÷1株あたりの当期純利益×100という計算式であらわされるのでござるぞ。

この式からわかるとおり、会社が1年間で得た利益から、どれくらいが配当金として支払われたのかを算出したものなのでござる。そのため、株主にどれくらい還元されているのかを、この配当性向で見ることが多いのでござるぞ。

とはいえ、配当性向が低いからといって良くない企業であるとは言えないのでござる。企業が成長するために、設備投資などへお金を回すことも必要なので、配当へ回さずに留保しておくこともあるのでござる。新興企業は特に、事業拡大のために投資に利益を回すことも多く、配当性向が低くなりがちなのでござるぞ。

関連記事

【MACDってどんなものでござるか?】

これまで見てきた移動平均線やボリンジャーバンドと並んでメジャーなオシレーター系テクニカルチャートのMACD。Moving Average Convergence and Divergence の略でM …

【パラボリックとは何でござるか?】

パラボリックとはトレンド系テクニカル指標の一つなのでござる。「パラボリック」という名前は放物線という意味で、ローソク足チャートの上下に出ている放物線の形をした線のことを意味しておるのでござる。RSIの …

【ボリンジャーバンドって何でござるか?】

前回まで、数回に渡って移動平均線について説明したのでござるが、今回からは、ボリンジャーバンドを解説するのでござる! ボリンジャーバンドは移動平均線同様、メジャーなテクニカル指標なのじゃ。そもそもボリン …

【2つの会社の配当利回りを見て、増配余地を探るのでござる】

今回もまた2つの会社を見てみるのでござる。 今回見る会社でござるが、A社とB社なのでござる。 A社については配当利回りが1%、B社については配当利回りが3%でござるぞ。 【A社】 (バランスシート) …

【PBRについてまた説明するのでござる】

前回、PBRについて解説をしたのでござるが、今回もまたPBRを見てみるのでござる。 PBRは1倍に近づく程、底値になるというのは前回説明したとおりでござる。PBRが1倍に近付く程会社が解散した時の企業 …

トップへ戻る