【配当利回りってなんじゃ?】


様々な銘柄を見ていて、必ずといってよい程出てくるのが配当利回りでござるぞ。
この配当利回りなのじゃが、購入した株の株価に対し、1年で得られる配当がどれくらいなのかを表したものなのじゃ。
ちなみに、配当利回りは1株当たりの年間配当金÷1株購入価格×100で求められるのでござるぞ。
この式からわかるとおり、配当金額が同じであっても、購入株価が高いほど配当利回りは低くなり、購入価格が安いほど配当利回りは高くなるのでござるぞ。また、購入価格が同じ場合、配当金が大きければ配当利回りは高くなり、配当金が小さいと配当利回りは下がるのでござるぞ。

例えば、ある会社の配当金が1株あたり10円だった場合、その会社の株価が上がれば配当利回りは下がり、株価が下がれば配当利回りは高くなるのでござる。そのため、配当利回りが高い株は、割安であると言えるのでござるぞ。企業が剰余金の配当を減少させるリスクはあるものの、配当金は株価上昇の値上がり益よりも確実性が高いため、配当利回りを重視する投資家も少なからずおるのでござる。

なお、なお、市場全体での配当利回りを見る場合、単純平均で算出される配当利回りに上場株式数によるウエイトを付した加重平均利回りを用いるのが一般的なのでござるぞ。以前は「自社株を含めた発行済株式数」で計算していたのでござるが「自社株を除く発行済株式数」で計算する方法が主流になりつつあるのでござる。企業の株主還元策として自社株を買い消却する動きが拡大しており、より実態に近い投資指標にするためにこのような計算方法をとっているとのことなのじゃ。

関連記事

【ウィリアムズ%Rについて説明するのでござる!】

また今回も、ウィリアムズ%Rについて説明するのでござる。 ウィリアムズ%Rは、0%近辺を高値水準、100%近辺を下値水準として見るのでござる。0%、100%の水準に張り付いた動きをガーベージトップやガ …

【同じPERの会社を見てみるのでござる】

今回もまたA社とB社という2つの会社を比べてみるのでござる。 この会社はどちらもPER20倍なのでござる。 そして、どちらも受注産業なのでござる。 【A社】 (受注高) 2010年…50億円、2011 …

爆買い効果で売上更新なのじゃ

花王(4452)は中国観光客の爆買いにより「メリーズ」の売り上げが伸び、2015年1月~6月期の連結営業利益が過去最高となったのじゃ。確かにドラッグストアに行くたび、紙おむつの中でもメリーズのコーナー …

捨て子線【買いシグナルの酒田五法9】

今回も、底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる! 今回は、捨て子線について見てみるのじゃ。 捨て子線とは、十字線が宙に浮いたような状態で、前後の足と離れている形のことを言うのでござる。 …

【2つの会社の配当利回りを見て、増配余地を探るのでござる】

今回もまた2つの会社を見てみるのでござる。 今回見る会社でござるが、A社とB社なのでござる。 A社については配当利回りが1%、B社については配当利回りが3%でござるぞ。 【A社】 (バランスシート) …

トップへ戻る