【解散価値を大きく割れた同じPBRの会社を見てみるのでござる】


PBRが1倍割れというのは、解散価値を割っているということは、すでに説明したとおりなのでござる。
今回は、同じPBRでもバランスシートの中身が違う会社AとBについて見てみるのでござる。
A社とB社はどちらもPBR0.5倍なのでござるぞ。

A社…資産1000億円、負債800億円、自己資本200億円、株式時価総額100億円

B社…資産1000億円、負債200億円、自己資本800億円 株式時価総額400億円

以前も同じような会社を見たことがあるのは覚えておるでござるか?
このA社とB社の株じゃが、買うとしたらどちらが良いかと言うと、B社が良いのでござるぞ。
というのも、B社は資産1000億円をすべて現金化して負債を返すと、手元に800億円が残るのでござるぞ。
一方のA社は、資産1000億円をすべて現金化して負債を返しても、手元に200億円しか残らないのでござる。ちなみに、A社、B社とも、税金や取引コストはかからないと仮定しておるのでござる。
自己資本は返済の義務のないお金なのでござる。株主から調達したお金や今までに累積した利益からなるのでござるぞ。
しかし、負債に関しては、返済義務があるのでござる。銀行から借りたお金や誰かに一時的に立て替えてもらっているお金が負債に該当するのでござるぞ。
なお、A社、B社ともに負債を返済した後に残る金額が、解散価値となるのでござるぞ。

関連記事

【PBRについてみてみるのでござる!】

株に関する情報をチェックしていると、PBR、PER、ROE等々、ローマ字を略した名前の用語が色々と出てくるのでござるが、果たしてこれは何か、気になった方もいるのではなかろうか? 今回からは、株取引に必 …

【減配になる可能性の少ない高配当利回り株はどんなものでござるか?】

前回は、減配の可能性のある「要注意」銘柄について書いたのでござるぞ。 今回は、その反対に、減配の心配の少ない銘柄について見てみるのでござる。 証券会社では、便利なスクリーニング機能を用意しているところ …

【人の行く裏に道あり、花の山】

前回までは、株式時価評価額とPBRについて様々なパターンを見てきたのでござるぞ。 今回もまた、PBRについて見てみるのでござる。 PBRは投資家の期待度を数値化したものである、ということをすでに何度か …

【移動平均乖離率ってなんでござるか?】

今回は移動平均乖離率(いどうへいきんかいりりつ)を紹介するぞ! 移動平均乖離率とは、株価が移動平均線からどれくらい離れているかを見る指標でござるぞ。 株価の終値と指定期間(一般的には5日・25日・13 …

【量的金融緩和は実体経済にどれくらい波及しておるじゃろうか】

すでに取り上げたとおり、アベノミクスによる量的金融緩和という政策は、デフレマインドを払拭する狙いもあるのじゃ。 デフレマインドについてはどうなっているのかというと、日本銀行が四半期ごとに実施している「 …

トップへ戻る