【移動平均線乖離率って何でござるか?】

Pocket

数回に渡って移動平均線について取り上げてきたのでござるが、今回は、移動平均線乖離率について取り上げるのでござる。
この移動平均線乖離率とは、株価が移動平均線に対してどれくらい離れているかを見るものなのでござる。

すでに何度も説明したとおり、移動平均線は、株価との位置関係を測って、トレンドの転換点や方向性を見るものでござるが、この移動平均線乖離率は、株価が移動平均線から離れたときに見るものなのでござる。

すでに述べたとおり、移動平均線と株価が大きく離れるのは相場の急変時に良く見られる現象なのでござる。離れた移動平均線と株価はいずれは近づき、この乖離は解消されて行くのでござる。

このことから、移動平均線乖離率は、株価が上げ過ぎている、あるいは下げ過ぎているのかを確認するのに役に立つのでござるぞ。
一般的に日足ならば25日移動平均線、週足ならば26週移動平均線を使い、乖離率が10~20%を超えると相場が過熱していると判断されるのでござる。なお、この乖離率は、それぞれの銘柄によって異なるのでござるぞ。行きすぎた株価はいずれ適正価格に修正されて行くので、その判断基準の一つとして、この移動平均線乖離率を見るのでござる。

関連記事

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その5>】

前回、基本の黒三兵について説明したのじゃが、今回は黒三兵の亜種について見てみるのでござる。 今回は、坊主三羽という形を見てみるぞ! このような形でござるぞ! 陰線が三本続けて出ておるが、三本とも下ヒゲ …

抱き線【買いシグナルの酒田五法3】

前回・前々回と、陰の陰はらみ、陰の陽はらみといった、はらみというローソク足の組み合わせのうち、底の到来を予兆させる買いシグナルについて見たのでござる。 今回も底の到来を予兆させる買いシグナルを見てみる …

【さらにボリンジャーバンドに迫ってみるのでござる!】

前回は、ボリンジャーバンドがどのようにして算出されるのかということを中心に説明したのでござるぞ。 今回もまた、ボリンジャーバンドについて解説するのでござる。 ボリンジャーバンドの中心となっているのが、 …

たくり線【買いシグナルの酒田五法5】

今回もまた底値圏で見られる買いサインについて見てみるのでござる。 今回見るのはたくり線でござる。 「たくり線」とは下降局面で安く寄り付きいて出現する、下ヒゲの長いローソク足のことでござるぞ。 図のよう …

【バランスシート、純利益、配当金の推移に注目でござるぞ!】

今回はある会社のデータを見て、判断するのでござるぞ。 この会社はPBR0.5倍と、割安なのでござる。なお、この会社は銀行等の金融業ではないのじゃぞ。 この会社の財務諸表でござるが、資産は500億円、負 …

トップへ戻る