【移動平均線って何でござるか?】

Pocket

今回から見ていくのは、チャート分析の鉄板とも言える、移動平均線でござる。
移動平均線は、一定期間の株価の終値平均値を、毎日、毎週、毎月といった一定期間で割ってグラフ化したものでござるぞ。名前をよく聞く25日移動平均線の場合、直近の25日間の終値を合計し、25で割ったものが第1日目(直近日)の移動平均値となるのでござる。その後は順次前日までの合計値に新しい終値を加算、かつ、25日前の終値を除いたものを25で割るのでござる。

このようにして毎日平均値を出し、その平均値を線で結んでグラフ化したものが25日移動平均線なるのでござる。

移動平均線の特徴として、全体の流れや傾向を見ることができる、というものがあるのでござる。そのため、株価の一時的なブレに惑わされないというメリットがあるのでござるぞ。最初の方で、メジャーな25日移動平均線を紹介したが、期間の取り方には他にも色々種類があるのじゃ。例えば日足ベースでも5-10日の短期線から、200日の長期線といったものもあるのでござる。

移動平均線は、それ単体で使うよりも、ローソク足や他のテクニカル指標と組み合わせて使うことが多いのでござる。他の指標と組み合わせることでトレンドが分析しやすくなり、相場の転換点を見つけるのに役立つのでござるぞ!

関連記事

陽の陰はらみ【売りシグナルの酒田五法5】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるぞ! 今回は陽の陰はらみを見てみるのでござる。 このような形でござるぞ! 陽の陰はらみとは、上昇トレンドの中の天井付近で大陽線が出て、前日の大陽線の中に …

【ボリンジャーバンドはどうやって使うのでござるか?】

数回にわたってボリンジャーバンドについて取り上げておるのでござるが、では、ボリンジャーバンドはどのように使うのでござろうか?実際の使い方について見てみるのでござる。 ボリンジャーバンドは、収束と拡散を …

上げ三法【買いシグナルの酒田五法17】

今回も上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ! 今回見るのは上げ三法なのでござる。 このような形でござるぞ。 三法とは、「売り・買い・休み」のことでござる。酒田五法では、休む相場の重要性を説 …

【低PBRでNGの場合を見てみるのでござる!】

前回、低PBR株に投資した場合のメリットについて紹介したのでござるぞ。 まさに人の行く裏に道あり、花の山といったことなのじゃが、低PBR株については、ポテンシャルはあるのにそれが周知されておらず、PB …

【量的金融緩和は実体経済にどれくらい波及しておるじゃろうか】

すでに取り上げたとおり、アベノミクスによる量的金融緩和という政策は、デフレマインドを払拭する狙いもあるのじゃ。 デフレマインドについてはどうなっているのかというと、日本銀行が四半期ごとに実施している「 …

トップへ戻る