【移動平均乖離率の使い方を見てみるのでござるぞ!】

Pocket

移動平均線は株価の平均値であるのはすでに説明したとおりでござる。そのため、株価が上がれば同じように上昇、株価が下がれば同じように下降するという特徴があるのでござる。株価が移動平均線から離れすぎると必ず逆方向、つまり移動平均線に近付く動きをしやすいという特性があり、それを具体的に数値化しているのが移動平均乖離率なのでござるが、相場の天井や大底を判断するのに、移動平均乖離率はとても便利なのじゃぞ。

移動平均乖離率の使い方は、

●銘柄によって乖離率の最大値・最低値があるので、その近辺に達したあと逆方向に動き出したら逆張りトレードする。

●移動平均乖離率の傾きが、右肩上がりなら上昇トレンド、右肩下がりなら下降トレンド。傾きが変わったところで逆張りトレードする。

●傾きが急すぎる場合はトレンド転換、傾きがゆるやかな場合はトレンド継続と予想する。

というものがあるのでござる。
単純に乖離が大きくなったら逆張りという戦略よりも、移動平均乖離率自体にトレンドラインを引き、トレンドラインを下に抜けたらに売り、上に抜けたら買いという手法が有効なのでござる。

RSIやストキャスティクスは強いトレンドがあるときにはダマシが多くなってしまう欠点があったものの、この移動平均乖離率は強いトレンド相場でも十分機能するところが大きな利点なのでござるぞ。

関連記事

【特別利益について見てみるのでござる】

今回もまた、異なる2つの会社を見比べてみるのでござる。 A社とB社という2つの会社なのでござるが、A社とB社の売上高と株式時価総額は同額となっておるのでござる。 なお、A社のPERは10倍、B社のPE …

最後の抱き線【買いシグナルの酒田五法4】

抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形になる事で、包み線とも言うのでござるぞ。 最後の抱き線は、上昇トレンドでも下降トレンドでも見られるのでござる。今回紹介するのは、下降トレンドの中、陽線が出 …

連続下げ三手放れ三ツ星【買いシグナルの酒田五法13】

底値圏で見られる上昇サインについて、今回も見てみるのじゃ! 今回は、連続下げ三手放れ三ツ星について見てみるのでござるぞ! 連続下げ三手放れミツ星とは、下放れて窓を開け、3本の短い陰線が続き、十字線が現 …

【RSIについて説明するのでござる】

今回はオシレーター系指標として有名なRSIを取り上げるのでござる。 RSIは、直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのかを測る指標で、直近n期間の各時点における終値ベ …

【解散価値と株式時価総額とを考えてみるのでござる。】

「解散価値」という言葉を聞いたことはあるじゃろうか? 解散価値とは、総資産から負債を引いたもので、「純資産」、「株主資本」とも呼ばれているのでござる。 この純資産(株主資本)を発行済株式総数で割ったも …

トップへ戻る