【現金会計が見直されておるのでござる】

Pocket

会計上の利益が黒字だった会社が、いきなり倒産したり、赤字になることがあるのでござるが、これはなぜでござるか。
その背景には、会計基準の変化があるのでござる。会計基準が変わることでこのようなことが起こるのでござるが、とはいえ、100%正しい当期利益を見つけるのは至難の業で、経済構造の変化に会計基準の改定が追い付いていない側面があるのでござる。

そのため、現金会計が見直されてきているのでござる。というのも、当期利益は会計基準で変わることがあるものの、現金残高についてはれっきとした事実として残るからなのでござる。そのため、キャッシュフローが重視されているのでござる。

企業の会計では、大きな投資を行ったり、過剰在庫があったとしても、すぐに損益計算書には現れないのでござる。それが、個人の家計簿とは大きく異なるのでござるぞ。家計簿の場合、大きな出費があったらすぐにわかるのでござる。企業の会計でキャッシュフローが見直されているのは、家計簿のように、過剰投資や過剰生産がすぐにわかるからなのでござるぞ。

株を買うかどうか悩んでいる会社の財務状況が気になる時は、財務諸表のキャッシュフローを見てチェックすると良いのでござるぞ!

関連記事

【移動平均線と株価の位置関係を見てみるのでござる】

前回、移動平均線について見てみたのじゃが、今回もまた、移動平均線について取り上げるのでござる。 移動平均線はどのようにして算出されるのか、ということを前回見てみたのでござるが、では、算出された移動平均 …

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その3>】

今回も前回に引き続き、三川の中の、相場の天井圏から反転して下落する時のシグナルを見てみるぞ! 陰の三つ星…陰線の後、ごく短いローソク足が2、3個連続して出現することを言っておるぞ。天井圏でのこの形の出 …

【配当性向とはなんでござるか?】

前回は配当利回りについて解説したのでござるが、今回は配当性向について解説するのでござる。 この配当性向も、配当利回り同様によく出てくる用語なのでござるぞ。 配当性向とは、基本的に、当期純利益(税引後利 …

【MACDでどのようにトレンドを見るのでござるか?】

前回、MACDとはどのようなものなのか、ということを説明したのでござるが、今回もまた、MACDの特徴を説明するのでござる。 前回説明したとおり、MACDは日本語にすると『移動平均収束拡散法』というもの …

【PBRはどういうものなのか?(その2)】

前回は、ある架空の会社のバランスシートを見て、株式時価評価額とPBRとのパターンのうちの1つを見てみたのでござるぞ。 今回も、同じバランスシートを見て、株式時価評価額とPBRの他のパターンを見てみるの …

トップへ戻る