【特別損失に注目するのでござる】


これまで数回にわたって、PERと低PERについての解説をしてきたのでござるが、いよいよ今回からは、バランスシートを比較して、PERを見てみるのでござるぞ!

今回はA社とB社という2つの会社について見てみるのでござる。
この2つの会社は、売上高と株式時価総額は同じなのでござる。

【A社】
売上高…100億円、営業利益17億円、経常利益20億円、純利益-20億円、株式時価総額90億円

【B社】
売上高…100億円、営業利益10億円、経常利益9億円、純利益5億円、株式時価総額90億円

このA社とB社、どちらが投資対象として有望かというと、A社なのでござる。
A社は、純利益は赤字でござるが、経常利益率は20%にもなるのでござる。これは高収益企業ということでござるぞ。
今回の赤字は一時的なもので、特別損失により出たものと考えられるのでござるが、もしこの損失がなかった場合、税率23.9%で計算した場合、15億円強が純利益になるのでござる。株式時価総額90億円でござるので、PER6倍と非常に割安な買いの銘柄になることが分かるのでござる。

B社も決して業績は悪くないが、PERについては18倍で、A社ほどの割安ではないのでござる。

関連記事

【PBRとバランスシートを照らし合わせるのでござるぞ】

同じPBRでも、バランスシートの中身で意味合いが異なる、ということを数回にわたって説明しているのでござるが、今回もまた、バランスシートの中身の違いを見てみるのでござるぞ。 今回も同じPBRの会社A社と …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その4>】

前回までは、赤三兵やその亜種について説明したのでござる。 今回は黒三兵について説明をするのじゃ! 黒三兵も赤三兵同様、亜種があるぞ。 まずは基本形の黒三兵を見るでござるぞ! 赤三兵とは逆に、陰線が三本 …

【グランビルの8法則を見てみるのでござる】

移動平均線はどのようなものか、計算方法や位置関係などを数回に渡り説明してきたのでござるが、そもそも移動平均線は誰が作ったのじゃろうか。 移動平均線は、もともとアメリカで生まれたのでござる。アメリカのチ …

上げ三法【買いシグナルの酒田五法17】

今回も上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ! 今回見るのは上げ三法なのでござる。 このような形でござるぞ。 三法とは、「売り・買い・休み」のことでござる。酒田五法では、休む相場の重要性を説 …

【低PER株とはどんなものなのでござるか?】

今回もPERについて見てみるのでござる。 PERが低い=割安であると考えられるのでござる。日本株の場合、PERが10倍程度であれば、割安であるという判断がされるのでござる。ちなみに、日経平均のPERは …

トップへ戻る