【特別利益に注目でござる!】

Pocket

今回もまた、A社とB社という2つの会社を見てみるのでござる。
この2つの会社はどちらも配当利回りが2%なのでござるぞ。

【A社】
売上高…100億円、営業利益…3.5億円、経常利益…2.5億円、純利益…9.5億円、配当金…2億円、株式時価総額100億円

【B社】
売上高…100億円、営業利益…8億円、経常利益…10億円、純利益…6.5億円、配当金…2億円、株式時価総額100億円

このA社とB社、どちらが投資対象として有望かというと、B社なのでござる。
そもそも純利益とは、経常利益+特別利益-特別損失-税金という式で算出されるのでござる。
A社については、営業利益や経常利益が少なく、純利益だけがやたらと高いのが気になるのでござる。
このような状態になるのは、本業に関係ない一時的な利益…つまり、特別利益によって大きくなったと考えられるのでござるぞ。この特別利益がなければ、純利益は経常利益の2億5000万から税金を引いた金額になるため、配当金の2億円が減額する可能性が高いのでござる。

B社については、経常利益率が10%と高いのでござる。大きな特別利益も出ておらず、利益の質が高いと考えられるのでござる。配当性向は約31%となっており、高すぎる程ではないのでござる。

関連記事

下放れの並び赤【売りシグナルの酒田五法17】

今回もまた、下降トレンドで出現する売りサインについて見てみるぞ! 今回見るのは下放れの並び赤でござる。 このような形なのでござる。 下放れの並び赤とは、下降トレンドの中、下放れた陽線が出現し、その次に …

【ボリンジャーバンドはどうやって使うのでござるか?】

数回にわたってボリンジャーバンドについて取り上げておるのでござるが、では、ボリンジャーバンドはどのように使うのでござろうか?実際の使い方について見てみるのでござる。 ボリンジャーバンドは、収束と拡散を …

【ウィリアムズ%Rとは?】

ウィリアムズ%R(William`s%R)は、アメリカの有名な株式トレーダーであるラリー・ウィリアムズが1966年に作ったオシレーター系指標でござる。%Rオシレーター、%Rとも呼ばれ、株価の買われすぎ …

爆買い効果で売上更新なのじゃ

花王(4452)は中国観光客の爆買いにより「メリーズ」の売り上げが伸び、2015年1月~6月期の連結営業利益が過去最高となったのじゃ。確かにドラッグストアに行くたび、紙おむつの中でもメリーズのコーナー …

【減配になる可能性の少ない高配当利回り株はどんなものでござるか?】

前回は、減配の可能性のある「要注意」銘柄について書いたのでござるぞ。 今回は、その反対に、減配の心配の少ない銘柄について見てみるのでござる。 証券会社では、便利なスクリーニング機能を用意しているところ …

トップへ戻る