【特別利益について見てみるのでござる】


今回もまた、異なる2つの会社を見比べてみるのでござる。
A社とB社という2つの会社なのでござるが、A社とB社の売上高と株式時価総額は同額となっておるのでござる。
なお、A社のPERは10倍、B社のPERは5倍なのでござる。

【A社】
売上高…100億円、営業利益15億円、経常利益15億円、純利益9億円、株式時価総額90億円

【B社】
売上高…100億円、営業利益-5億円、経常利益-5億円、純利益18億円、株式時価総額90億円

このA社とB社、どちらが投資対象として有望でござるかというと、A社なのでござる。

A社は経常利益率が15%なので、高収益企業なのでござる。そう考えるとPER10倍は魅力的でござるし、そもそもPER10倍は低PERなのでござる。

一方のB社は、営業利益と経常利益が赤字なのでござる。純利益が18億円となっているのは、特別利益が出て、今回は一時的に利益が出ているということなので、来期の業績については疑問が生じるのでござる。

関連記事

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その5>】

前回、基本の黒三兵について説明したのじゃが、今回は黒三兵の亜種について見てみるのでござる。 今回は、坊主三羽という形を見てみるぞ! このような形でござるぞ! 陰線が三本続けて出ておるが、三本とも下ヒゲ …

【注意すべき高配当利回り株を見てみるのでござる】

配当利回りが高い銘柄は魅力的に思えるのでござるが、配当利回りが高い=良い銘柄とは一概に言えないのでござる。 配当利回りが5%という銘柄があったら、それはとても高いので飛びつきたくなるのも無理はないのじ …

【ストキャスティクスをうまく使いこなすためには?】

前回書いたとおり、ストキャスティクスには、反応が早すぎるという長所でもあり短所でもある特徴があるのでござる。この反応の速さが短所になる場合の問題点を克服するため、実際の売買判断では、その難点を克服する …

【PBRはどういうものなのか?(その2)】

前回は、ある架空の会社のバランスシートを見て、株式時価評価額とPBRとのパターンのうちの1つを見てみたのでござるぞ。 今回も、同じバランスシートを見て、株式時価評価額とPBRの他のパターンを見てみるの …

【PBRはどういうものなのか?(その1)】

前回、前々回とPBRの基本や概要について解説したのでござるが、今回は、PBRについてさらに掘り下げてみるのでござるぞ。 おさらいなのでござるが、PBRとは、割安株の目安であり会社が解散した際の企業価値 …

トップへ戻る