【売上高や営業利益とPBRを照らし合わせるのでござる】

Pocket

これまで数回にわたって、PBRと財務諸表の中身を比較し、意味合いの違いについて見てみたのでござる。
今回は、売上高や営業利益を比較して、同じPBRの会社を見てみるのでござる。

A社とB社はPBRは同じ0.5倍なのでござるぞ。

【A社】
売上高…1000億⇒1200億⇒1300億⇒1400億⇒1600億というように、毎年少しづつであるが右肩上がり。

営業利益…25億⇒27億⇒28億⇒26億⇒24億というように、ここ最近は落ちてきている。

営業利益率…2.5%⇒2.25%⇒2.15%⇒1.86%⇒1.5%というように、毎年少しずつ低下してきている。

【B社】

売上高…1000億⇒900億⇒900億⇒900億⇒900億というように、毎年ほぼ同じ売上高。

営業利益…20億⇒-9億⇒9億⇒20億⇒30億というように、一時的に落ち込んだものの、その後は右肩上がり。

営業利益率…2.0%⇒-1.0%⇒1.0%⇒2.2%⇒3.3%というように、一時的に落ち込んだものの、その後は右肩上がり。

このA社とB社、どちらが投資対象として有望かというと、B社なのでござるぞ。B社は売上は確かに伸びていないのでござるが、経営効率を改善し、利益率を高めておるのでござる。そのため、売上が伸びない中でも営業利益と営業利益率が上がってきているのでござる。今後もし売上が伸びた場合は大幅な利益が得られると考えられるのでござる。

A社については、確かに売上は伸びているものの、営業利益が落ちてきているのでござる。それに伴い営業利益率も落ちているのでござるぞ。増収減益となっている原因として、A社の業種の競争が激化してきていることが可能性として考えられるのでござる。そのため、今後売上が落ちた場合は赤字となる可能性も否めないのでござるぞ。

営業利益率の変化は競争力の変化を示しておるのでござる。
そのため、A社のような増収減益企業には要注意なのでござるぞ。

関連記事

【利益率をチェックするための基本事項を知るのでござる】

今回は、利益率を見るための様々な項目を説明するのでござる。 会社の損益計算書をグラフ化したものなのでござる。 営業利益とは、本業で得られる利益のことを言うのでござる。 経常利益は、営業利益+営業外利益 …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その3>】

前回は、赤三兵の一種である赤三兵先づまりをを説明したぞ。 今回見てみるのは、前回同様、赤三兵の一種である赤三兵思案星じゃ。 こんな形でござるぞ! この赤三兵思案星も、基本の赤三兵同様、一応陽線が切り上 …

【ウィリアムズ%Rとは?】

ウィリアムズ%R(William`s%R)は、アメリカの有名な株式トレーダーであるラリー・ウィリアムズが1966年に作ったオシレーター系指標でござる。%Rオシレーター、%Rとも呼ばれ、株価の買われすぎ …

【減配になる可能性の少ない高配当利回り株はどんなものでござるか?】

前回は、減配の可能性のある「要注意」銘柄について書いたのでござるぞ。 今回は、その反対に、減配の心配の少ない銘柄について見てみるのでござる。 証券会社では、便利なスクリーニング機能を用意しているところ …

放れ七手の変化底【買いシグナルの酒田五法12】

前回は放れ五手一本底についてみてみたのでござる。 今回も底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのじゃ! 今回は、放れ七手の変化底を見てみるのでござるぞ。 このような形なのじゃ。 窓を開けて下落した …

トップへ戻る