【同業の2社について比べるのでござる】


今回もまた、異なる2つの会社について見てみるのでござる。
このA社とB社は小売業なのでござる。どちらもPERは15倍でござるぞ。

【A社】
売上高…100億円、経常利益10億円、純利益6億円、株式時価総額90億円

【B社】
売上高…800億円、経常利益16億円、純利益6億円、株式時価総額90億円

このA社とB社のうち、どちらが投資対象として有望なのでござるかというと、A社でござる。
というのも、A社は経常利益率が10%と高収益企業なのでござるぞ。B社は売上はA社の5倍なのでござるが、経常利益率は2%なのでござる。
このことからわかるとおり、売上高が高ければ必ずしも良いというものではないのでござる。小売業の場合は、規模が大きくても競争力がなければ先行きが暗いのでござる。この競争力とは、つまり利益率なのでござる。そのため、利益率の高い企業を選ぶ方が良いのでござる。

関連記事

【またまた同じPBRの会社を比べてみるのでござる!】

同じPBRの会社について、またバランスシートの内容を見ながら比べてみるのでござるぞ。 今回もまた、A社、B社という2つの会社を見てみるのでござる。 この2つの会社はどちらもPBRが0.5倍なのでござる …

【移動平均乖離率はどのように使うのじゃ?】

今回もまた移動平均乖離率について見てみるのでござる! 前回は移動平均乖離率の概要を見てみたのじゃが、では、移動平均乖離率はどのように使用するのじゃろうか? そもそも移動平均線は、株価が移動平均線に近づ …

かぶせ線の上抜き【買いシグナルの酒田五法21】

今回もまた、上昇トレンドの中で現れる買いサインを見てみるのでござる。 今回見るのは、「かぶせ線の上抜き」なのでござる。 このような形でござるぞ。 かぶせ線の上抜きとは、上昇トレンドの中、大陽線の後に、 …

【売上高や営業利益とPBRを照らし合わせるのでござる】

これまで数回にわたって、PBRと財務諸表の中身を比較し、意味合いの違いについて見てみたのでござる。 今回は、売上高や営業利益を比較して、同じPBRの会社を見てみるのでござる。 A社とB社はPBRは同じ …

【またHLバンドについて見てみるのじゃ!】

前回HLバンドについて取り上げたのじゃが、今回もまたHLバンドを見てみるのでござるぞ! HLバンドはトレンドの方向はMバンドの向きで確認するのでござるぞ。 Hバンドを抵抗線と考え、Lバンドを支持線と考 …

トップへ戻る