【同じ業種の会社を比べてみるのでござる。】


今回もまた、2つの会社を比べてみるのでござる。
今回比べる2つの会社は、どちらも不動産会社なのでござる。
どちらも同じくPBRは0.5倍なのでござるぞ。

【A社】
流動資産300億円、賃貸用不動産1500億円、その他固定資産200億円
短期借入250億円、長期借入550億円、受入保証金・敷金350億円、その他固定負債100億円、自己資本750

【B社】
販売用不動産1500億円、その他流動資産300億円、固定資産200億円
短期借入250億円、長期借入550億円、その他固定負債450億円、自己資本750億円

このA社とB社じゃが、どちらも安定しており、すぐに倒産するような心配はないのでござるぞ。
注目して欲しいのは、資産の内容なのでござる。A社は賃貸専門B社は販売専門で、A社は簿価ベースで1500億円の賃貸不動産に対し、受入保証金と敷金が350億円もあるので、賃貸不動産の時価は簿価ベースを上回っていることが分かるのでござる。
また、賃貸を専門に扱っていることから、景気の変動を受けにくいことがこのA社の強みでござるぞ。

B社については、販売専門ということもあり、景気の影響を受ける傾向があるのでござるぞ。販売用不動産は流動資産として扱われるのでござる。販売用不動産に関しては、簡単に売れないものがあったり、なかなか売れないために何割か値引きして売らないといけないようなものが含まれている可能性もあるのでござる!

関連記事

【同じPBRの会社のキャッシュフローを読み取るのでござる】

今回もまた、同じPBRの会社を見てみるのでござるぞ。 A社とB社はどちらもPBRが0.5倍なのでござるぞ。 そして、どちらも3月決算の会社でござるぞ。 この2つの会社の当期利益を見てみるのでござる。 …

上げ三法【買いシグナルの酒田五法17】

今回も上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ! 今回見るのは上げ三法なのでござる。 このような形でござるぞ。 三法とは、「売り・買い・休み」のことでござる。酒田五法では、休む相場の重要性を説 …

三羽烏【売りシグナルの酒田五法2】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのでござる。 今回見るのは三羽烏なのでござるぞ。 このような形なのじゃ! 三羽烏(さんばがらす)とは、安寄りした陰線が3本連続で出現した状態のこと …

【ウィリアムズ%Rの取引方法を説明するのでござる】

前回まで、ウィリアムズ%Rの概要を説明したのでござる。その中で少しだけ触れた、ウィリアムズ%Rの売りと買いのシグナルについて、今回は詳しく見てみるのでござるぞ。 □買いシグナル□ ●「%R」が上限ライ …

【移動平均乖離率の使い方を見てみるのでござるぞ!】

移動平均線は株価の平均値であるのはすでに説明したとおりでござる。そのため、株価が上がれば同じように上昇、株価が下がれば同じように下降するという特徴があるのでござる。株価が移動平均線から離れすぎると必ず …

トップへ戻る