【利益率の変化に注目でござる】


また今回も、異なる2つの会社のデータを見てみるのでござる。今回見るのは売上高、経常利益、経常利益率でござるぞ。
今回もまた同じPBRの会社2社を比べるのでござる。
この2社はどちらもPBRが0.5倍でござるぞ。

【A社】

売上高
2009年3月…800億円、2010年3月…1000億円、2011年3月…1200億円、2012年3月…800億円

経常利益
2009年3月…80億円、2010年3月…100億円、2011年3月…120億円、2012年3月…80億円

経常利益率
2009年3月…10%、2010年3月…10%、2011年3月…10%、2012年3月…10%

【B社】

売上高
2009年3月…1600億円、2010年3月…2000億円、2011年3月…2400億円、2012年3月…1600億円

経常利益
2009年3月…60億円、2010年3月…100億円、2011年3月…150億円、2012年3月…50億円

経常利益率
2009年3月…約3.8%、2010年3月…5%、2011年3月…6.25%、2012年3月…約3.1%

このA社とB社、どちらの株を買うべきかと言えば、A社でござるぞ。経常利益には変動があり、増収や減収があるのじゃが、減収した場合でも、経常利益率10%と高い数字を維持しておるのでござる。このような高い利益率を維持できるのは、固定費が少ない柔軟なコスト構造を持っている、経営者が経済環境の変化を適切に予測し、コスト構造を見直した、などの理由が考えられるのでござる。

B社は増減収にともなって利益率も大きく変動しているのでござる。経常利益の変動幅も大きく、固定費比率が高い硬直的なコスト構造で、環境変化にうまく対応できていないと考えられるのでござる。2012年に大幅減収となっているのも、経営を見誤り、固定費を高めるような投資をしてしまったためと考えられるのでござるぞ。

関連記事

【ウィリアムズ%Rについて説明するのでござる!】

また今回も、ウィリアムズ%Rについて説明するのでござる。 ウィリアムズ%Rは、0%近辺を高値水準、100%近辺を下値水準として見るのでござる。0%、100%の水準に張り付いた動きをガーベージトップやガ …

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法11】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのでござる。 今回は、三手放れ寄せ線でござるぞ。 このような形でござる。 三手放れ寄せ線とは、上昇トレンドの中、上放れした状態で陽線が3連続で出現 …

【ローソク足と酒田罫線】

株やFX、商品先物、バイナリーオプション等、数多くの金融商品があり、その価格変動は様々な方法でチャート表示されておるぞ。日本ではローソク足が主流じゃぞ。一方欧米ではバーチャートと呼ばれるチャートが主流 …

【同じPBRの会社のキャッシュフローを読み取るのでござる】

今回もまた、同じPBRの会社を見てみるのでござるぞ。 A社とB社はどちらもPBRが0.5倍なのでござるぞ。 そして、どちらも3月決算の会社でござるぞ。 この2つの会社の当期利益を見てみるのでござる。 …

【株主優待も配当利回りなのでござる】

株取引の醍醐味の一つである株主優待。株価の変動によるさや抜きを狙うのはもちろん、この株主優待も重要で、株主優待を重視して取引を行っている桐谷さんのような人もおるのでござるぞ。 そんな株主優待でござるが …

トップへ戻る