【利益率の変化に注目でござる】

Pocket

また今回も、異なる2つの会社のデータを見てみるのでござる。今回見るのは売上高、経常利益、経常利益率でござるぞ。
今回もまた同じPBRの会社2社を比べるのでござる。
この2社はどちらもPBRが0.5倍でござるぞ。

【A社】

売上高
2009年3月…800億円、2010年3月…1000億円、2011年3月…1200億円、2012年3月…800億円

経常利益
2009年3月…80億円、2010年3月…100億円、2011年3月…120億円、2012年3月…80億円

経常利益率
2009年3月…10%、2010年3月…10%、2011年3月…10%、2012年3月…10%

【B社】

売上高
2009年3月…1600億円、2010年3月…2000億円、2011年3月…2400億円、2012年3月…1600億円

経常利益
2009年3月…60億円、2010年3月…100億円、2011年3月…150億円、2012年3月…50億円

経常利益率
2009年3月…約3.8%、2010年3月…5%、2011年3月…6.25%、2012年3月…約3.1%

このA社とB社、どちらの株を買うべきかと言えば、A社でござるぞ。経常利益には変動があり、増収や減収があるのじゃが、減収した場合でも、経常利益率10%と高い数字を維持しておるのでござる。このような高い利益率を維持できるのは、固定費が少ない柔軟なコスト構造を持っている、経営者が経済環境の変化を適切に予測し、コスト構造を見直した、などの理由が考えられるのでござる。

B社は増減収にともなって利益率も大きく変動しているのでござる。経常利益の変動幅も大きく、固定費比率が高い硬直的なコスト構造で、環境変化にうまく対応できていないと考えられるのでござる。2012年に大幅減収となっているのも、経営を見誤り、固定費を高めるような投資をしてしまったためと考えられるのでござるぞ。

関連記事

【同じ配当利回りで異なる規模の会社2つを見てみるのでござる!】

今回もまた、配当利回りについて見てみるのでござる。 今回見るのは、同じ配当利回りながらも異なる規模の2つの会社なのでござるぞ。 この会社はどちらも配当利回りが2%なのでござる。 そして、経常利益と、純 …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その1>】

前回までは窓(空、ギャップ)を表わす、三空の種類を色々と見てきたのでござるが、今回からは三兵について見てみるぞ。 今回説明するのは、三兵の一種である、赤三兵じゃ! こんな風に陽線のローソク足が連続した …

二ツ星・三ツ星【買いシグナルの酒田五法14】

前回までは、底値圏で見られる買いサインについてみてみたのでござるが、今回からは、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのじゃ! 今回見てみるのは、二ツ星と三ツ星でござる。 下の図は三ツ星 …

【繰越税金資産のある会社とそうでない会社とを比べるのでござる】

前回、繰越税金資産について書いたのでござる。この繰越税金資産は、将来税金を払わないで良い権利のことを言うのでござる。 今回もまた2つの会社を比べてみるのでござる。この2つの会社は、どちらもPBRが0. …

入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法18】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるぞ! 今回見るのは、入り首とアテ線でござる。 入り首はこのような形でござる。 アテ線はこのような形でござる。 入り首は陽線で、下落相場において …

トップへ戻る