【一目均衡表の計算式とは?】

Pocket

一目均衡表は、ローソク足と5線の折れ線グラフ(転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン)から構成されいるのでござる。
その計算式は、

・転換線 転換値=(当日を含む過去9日間の最高値+9日間の最安値)÷2
・基準線 基準値=(当日を含む過去26日間の最高値+26日間の最安値)÷2
・先行スパン1 (転換値+基準値)÷2を当日を入れて26日未来にプロット。
・先行スパン2 (当日を含む52日間の最高値+52日間の最安値)÷2を当日を入れて26日未来にプロット。
・遅行スパン 当日の終値を当日を入れて26日過去にプロット。
※遅行スパン以外は終値ではなくザラ場の値段を基準とする。
・変化日:先行スパン1と2が重なりあっている(雲が捩れているところ)箇所。
この変化日の『変化』とは、流れが反転・加速・延長すると言う意味なのでござる。さらに、変化日という名前だからと言って、必ず変化するのではなく、変化する可能性が高い、という意味でござるぞ。

この一目均衡表で精度が高いと評判なのが、「遅行線の日々線抜け」なのでござる。遅行線が現実のチャート(日々線)を上に突き抜けたら「買い」、下に突き抜けたら「売り」 、というものでござるぞ。

一目均衡表では、「転換線の基準線上抜け」「株価の雲抜け」「遅行線の日々線上抜け」がそろった瞬間を「三役好転」と言い、強い買いシグナルとしておるのじゃ。なお、その反対は「三役逆転」というのでござる。とはいえ、この三役好転はめったにあるものではないので、「遅行線の日々線上抜け」と「転換線の基準線上抜け」「雲抜け」のいずれかが出揃った「二役好転」で仕掛けてもOKでござるぞ。

関連記事

【ストキャスティクスについて説明するのじゃ!】

今回は、オシレーター系の代表的なテクニカル指標ストキャスティクスを紹介するのでござる。 ストキャスティクスとは、米国のジョージ・レイン氏によって考案され、株価の「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」を判断する …

【同じPERの会社を見てみるのでござる】

今回もまたA社とB社という2つの会社を比べてみるのでござる。 この会社はどちらもPER20倍なのでござる。 そして、どちらも受注産業なのでござる。 【A社】 (受注高) 2010年…50億円、2011 …

【黒字に転換させやすいものについて考えてみるのじゃ!】

今回もまた同じPBRの会社について見てみるのじゃ。今回の会社AとBは、どちらもPBRは0.5倍なのじゃぞ。 そして、AとBはどちらも赤字企業なのじゃ。さらに、売上高も同じで、事業は2種類行っておるのじ …

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その4>】

今回からは前回にと逆に、三川の中の、相場の底から反転して上昇する時のシグナルを見てみるぞ! 三川明の明星…三川の代名詞とも言えるシグナルじゃ。長めの陰線の後、その下に窓を開けて上ヒゲ下ヒゲをつけた十字 …

最後の抱き線【買いシグナルの酒田五法4】

抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形になる事で、包み線とも言うのでござるぞ。 最後の抱き線は、上昇トレンドでも下降トレンドでも見られるのでござる。今回紹介するのは、下降トレンドの中、陽線が出 …

トップへ戻る