【一目均衡表って何じゃ?】

Pocket

一目均衡表は、日本生まれの数少ないテクニカル指標の一つで、株式評論家の細田悟一氏が一目山人というペンネームで戦前に発表したテクニカル指標でござる。延べ2000人のスタッフ(学生)とおよそ7年の歳月をかけて完成させた相場分析手法であり、相場の帰趨は一目瞭然と言うところからその名がきているのでござるぞ!海外でも「東洋の神秘」として注目され、今では酒田罫線の「ローソク足」とともに日本生まれの定番指標として、海外でも広く知られておるのじゃ。

一目均衡表は、時間的な概念に注目して作られた指標なのじゃ。「株価は時間による影響を受けている」という考えに基づき、相場の本質的な変動要因を株価の値幅よりも時間に重点を置いておるのじゃぞ!一目均衡表は、縦軸に為替レートの価格、横軸に時間をとった2次元的なものになっておるのじゃ。とはいえ、横軸の時間は単純に前に進んでいくわけでなく、過去に起こった値動きの支配下にあり、現在の値動きは未来に大きな影響を与える、というものじゃ。

時間の流れには一種のリズムのようなものがあり、時間と株価の変動の関係性を「日柄」という考え方で体系化したのが、一目均衡表なのでござる。一目均衡表のグラフはローソク足と5線の折れ線グラフ(転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン)から構成されておるのでござるぞ。

一目均衡表がほかのテクニカル指標とまったく違う部分は、為替レートやその平均値を未来や過去にずらして、「雲」や「遅行線」を描画し、売買判断に使用するところでござる。過去や未来という時間の概念を加えて三次元的な奥行きを持たせている点が、他にはないこの一目均衡表の特徴で、海外でも高く評価されておるのじゃ!

関連記事

波高い線【売りシグナルの酒田五法7】

今回もまた、天井圏で見られる買いサインを見てみるぞ! 今回見るのは波高い線なのでござる。 このような形でござるぞ。 波高い線とは、上下に長いヒゲが出て実体が短くなっているローソクが現れたチャートのこと …

【PER投資の注意事項を見てみるのでござる】

前回書いたとおり、PER20倍未満であれば割安であると言えるのでござるが、株式市場には、PERが5倍などといった銘柄があるのでござる。 確かにPERだけを見ると、驚く程割安であるように見えるのでござる …

【RSIの効果的な使い方を考えてみるのでござる!】

前回紹介したRSIじゃが、RSIが70~80%以上になったら買われ過ぎ→売り、RSIが20~30%以下になったら売られ過ぎ→買いという判断を一般的に下す、というのはすでに説明したとおりでござるぞ。そし …

小幅上放れ黒線【買いシグナルの酒田五法22】

今回もまた、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのでござる! 今回見るのは、小幅上放れ黒線でござるぞ。 小幅上放れ黒線とは、安い水準での値幅の小さいもみ合いが続いた後に、突如上放れて窓 …

最後の抱き線【買いシグナルの酒田五法4】

抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形になる事で、包み線とも言うのでござるぞ。 最後の抱き線は、上昇トレンドでも下降トレンドでも見られるのでござる。今回紹介するのは、下降トレンドの中、陽線が出 …

トップへ戻る