【パラボリックとは何でござるか?】


パラボリックとはトレンド系テクニカル指標の一つなのでござる。「パラボリック」という名前は放物線という意味で、ローソク足チャートの上下に出ている放物線の形をした線のことを意味しておるのでござる。RSIの生みの親である、米国のチャート研究家W・ワイルダーによって開発されたもので、大きなトレンドで非常に役に立つテクニカル指標なのでござるぞ!

このパラボリックはドテン買い・売りのシステムと言われているのでござる。ドテンとは、例えば、今まで「買い」であったのが、トレンドが変わった時に手仕舞うのと共に、売りポジションを新規に取る…という売買方法でござる。つまり、常に売り・買いのどちらかのポジションを持っている状態なのでござる。

パラボリックは下記の式で求められるでござる。

翌日のSAR=当日のSAR+当日のAF(当日EP-当日のSAR)

SAR…最初に売りか買いかを自分で想定し、売りだと思ったら一定期間の高値を、買いだと思ったら一定期間の安値を用いる(初めは売り買いどちらを選択してもOK)。
EP…イクストリーム・ポイント。買い持ちしている間の高値、売り持ちしている間の安値のこと。
AF…加速因数。初期値は0.02。

なのでござる。EPが更新されるたびに0.005ずつ加算していくのでござるが、AFは最大でも0.2までとなるのでござる。

このパラボリックでは、SARがプライスとクロスした時が売買シグナルとなるのでござるぞ!

このパラボリックは大相場では非常に有効なシグナルなのでござるが、その逆であるボックス相場には向かず、シグナルを乱発してダマシが多くなるのでござるぞ。

パラボリックも他のシグナル同様、適した場面とそうでない場面があるので、他の指標と組み合わせて使い分けをすると良いのでござる。

関連記事

【同じ配当利回りの2つの会社を比べてみるのでござる】

今回もまた、同じ配当利回りの2つの会社のバランスシートを比べてみるのでござるぞ。 この2つの会社はどちらも配当利回りが2.5%なのでござる。 【A社】 現金同等物…25億円、その他資産…75億円 有利 …

【PERが高いのは、良くないのでござるか??】

今まで低PERがお薦めということについて買いてきたのでござるが、では、高PERはダメなのじゃろうか? 実は、PERが高いものでも、投資すべき銘柄はあるのでござる。 例えば、高成長が見込める銘柄について …

【2つの会社のPERを見ながら比較するのでござる】

今回も、PERを比べながら2つの会社を比較するのでござる。 今回もA社、B社という2つの会社を見てみるのでござるぞ。 A社はPER5倍、B社はPER100倍でござるぞ。そして、A社B社ともに小売と飲食 …

【エンベロープって何でござるか?】

今回紹介するのは、エンベロープでござる。 エンベロープとは何かというと、移動平均線からの乖離率を利用したもので、移動平均線より任意の乖離率でもって、上下に離して線を記入したものでござるぞ。 株式ではよ …

【ストキャスティクスについて説明するのじゃ!】

今回は、オシレーター系の代表的なテクニカル指標ストキャスティクスを紹介するのでござる。 ストキャスティクスとは、米国のジョージ・レイン氏によって考案され、株価の「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」を判断する …

トップへ戻る