【ストキャスティクスをうまく使いこなすためには?】


前回書いたとおり、ストキャスティクスには、反応が早すぎるという長所でもあり短所でもある特徴があるのでござる。この反応の速さが短所になる場合の問題点を克服するため、実際の売買判断では、その難点を克服するために、ストキャスティクスでは%Kのm日間の移動平均である「%D」を計算し、

● %Kが80%以上の買われ過ぎ圏で%Dとデッドクロスして数値が下がりはじめたら売り
● %Kが20%以下の売られ過ぎ圏で%Dとゴールデンクロスして上がりはじめたら買い

というように、数値そのものではなく、2本の線のクロスを見るのが良いのでござる。さらに、%Dとさらに、その移動平均である%SDを描画し、そのクロスを見る「スローストキャスティクス」を使うのがメジャーな方法なのでござる。

オシレーター系指標の弱点は、強いトレンドがある相場でシグナルを乱発しすぎてしまい、正確さに欠けるということなのでござるぞ。ストキャスティクスは最高値と最安値に注目して計算されているために、株価のわずかな勢いにも反応しすぎるデメリットがあるのでござる。この欠点を克服するため、ストキャスティクスのクロスが、チャートの山と谷の頂点にぴったり合うよう、銘柄に合った期間設定を行うことが必要になってくるのでござる。

関連記事

【繰延税金資産とは何でござるか?】

バランスシートを見ていて、『繰延税金資産』という言葉が出てくることがあるのでござるが、これはなんなのでござろうか。 この繰延税金資産とは、簡単に言うと、『将来税金を払わなくても良い権利』のことなのでご …

【RSIの効果的な使い方を考えてみるのでござる!】

前回紹介したRSIじゃが、RSIが70~80%以上になったら買われ過ぎ→売り、RSIが20~30%以下になったら売られ過ぎ→買いという判断を一般的に下す、というのはすでに説明したとおりでござるぞ。そし …

【低PBRでNGの場合を見てみるのでござる!】

前回、低PBR株に投資した場合のメリットについて紹介したのでござるぞ。 まさに人の行く裏に道あり、花の山といったことなのじゃが、低PBR株については、ポテンシャルはあるのにそれが周知されておらず、PB …

【PER投資の注意事項を見てみるのでござる】

前回書いたとおり、PER20倍未満であれば割安であると言えるのでござるが、株式市場には、PERが5倍などといった銘柄があるのでござる。 確かにPERだけを見ると、驚く程割安であるように見えるのでござる …

【PBRについてみてみるのでござる!】

株に関する情報をチェックしていると、PBR、PER、ROE等々、ローマ字を略した名前の用語が色々と出てくるのでござるが、果たしてこれは何か、気になった方もいるのではなかろうか? 今回からは、株取引に必 …

トップへ戻る