【ストキャスティクスの効果的な使い方とは】


ストキャスティクスじゃが、反応が早すぎるという諸刃の剣である特徴があるため、トレンド系指標と組み合わせて使うのが良いのでござる。トレンドが強い相場ではダマシだらけになってしまう欠点があるため、ストキャスティクスは、レンジ相場で役立つ指標なのでござる。しかし、その諸刃の剣である反応の速さは、見方を変えれば、上昇トレンドでも下降トレンドでも、売買ポイントで早くシグナルが表示されるというメリットにもなるのでござる。

そのため、

● 上昇トレンドならスローストキャスが売られ過ぎを示したときのみ買い勝負
● 下降トレンドなら買われ過ぎを示したときのみ売り勝負

といったトレンドに対して順張りの場面で使うのも効果的なのでござる。
中長期投資でも使えるのでござるぞ!

また、逆張りにも効果的に使うことができるのでござる。
例えば、

●株価ががボリンジャーバンドの+2σを上抜け後、%Dが%SDとデッドクロス→売り
● ボリンジャーバンドの-2σを下抜け後、%Dが%SDとゴールデンクロス→買い

というシグナルで売買すると、高確率な逆張り投資ができるのでござる。
ほかにも、スローストキャスティクスで買いサインが出た後、MACD(マックディー)でもサインが出たら、
売買する、という手法もあるのでござるぞ。

関連記事

【同じPBRで規模の異なる会社を比べてみるのでござる】

今までは同じPBRで同じ規模、ただしバランスシートの中身が異なる会社を比べてきたのでござるが、今回は、同じPBRで規模の異なる会社を比べるのでござる。 今回もまたA社とB社を比べるのでござるぞ。この2 …

【利益の安定性をチェックするのでござる】

前回は同じPBRで売上高や営業利益の異なる会社を比べてみたのでござる。 今回も同様に、売上高や営業利益の異なる会社を比べてみるのでござる。 A社、B社という2つの会社があるのでござる。この会社はどちら …

【一目均衡表の計算式とは?】

一目均衡表は、ローソク足と5線の折れ線グラフ(転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン)から構成されいるのでござる。 その計算式は、 ・転換線 転換値=(当日を含む過去9日間の最高値+9 …

上げ三法【買いシグナルの酒田五法17】

今回も上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ! 今回見るのは上げ三法なのでござる。 このような形でござるぞ。 三法とは、「売り・買い・休み」のことでござる。酒田五法では、休む相場の重要性を説 …

【PERが高いのは、良くないのでござるか??】

今まで低PERがお薦めということについて買いてきたのでござるが、では、高PERはダメなのじゃろうか? 実は、PERが高いものでも、投資すべき銘柄はあるのでござる。 例えば、高成長が見込める銘柄について …

トップへ戻る