【グランビルの8法則を見てみるのでござる】

Pocket

移動平均線はどのようなものか、計算方法や位置関係などを数回に渡り説明してきたのでござるが、そもそも移動平均線は誰が作ったのじゃろうか。
移動平均線は、もともとアメリカで生まれたのでござる。アメリカのチャート分析家J・E・グランビルが考案したのでござる。彼は、統計学の移動平均法を株価動向の基調測定に導入し、200日移動平均線を紹介したことから、世界中に広まったのでござる。日本には昭和30年代後半に伝わったのでござる。移動平均線は、今や、株価の方向性を見るための基本的なトレンド系投資指標となり、トレーダー必須と言っても過言ではないほど浸透しているのでござる。

移動平均線の生みの親であるグランビルは、グランビルの8法則というのを提唱したのでござる。
それは何かというと、株価と移動平均線の位置関係に注目して売買のポイントを8つにまとめたものなのでござる。
買い局面、売り局面について、このようにまとめておるのでござる。

【買い局面】
①移動平均線が下降の後、横ばい、あるいは上昇している時、株価がその移動平均線を上抜けたら買いサイン。

②株価が、上昇中の移動平均線を下回った時、平均線の上昇に変化がなければ押し目買い。

③株価が上昇する移動平均線の上にあって、平均線に向かって下降し、平均線を割り込まずに再上昇したら、買い乗せ。

④平均線が下降していて、かつ、株価が大きくかけ離れて下落した場合、自立反発の可能性が大きく、短期の買い場。

【売り局面】
⑤移動平均線が上昇の後、横ばい、あるいは下降している時、株価が平均線を下抜けたら売りサイン。

⑥株価が、下降中の移動平均線を上回った時、平均線の下落が止まらないようであれば、戻り売り。

⑦株価が下降する移動平均線の下にあり、平均線に向かって上昇したものの、平均線を抜けることなく再度下落する場合は、売り乗せ。

⑧平均線が上昇していて、かつ、株価が大きくかけ離れて上昇した場合、自立反落の可能性が高く、短期の売り場。

ということなのでござるぞ!

また次回も移動平均線について見てみるのでござる!

関連記事

【PER投資の注意事項を見てみるのでござる】

前回書いたとおり、PER20倍未満であれば割安であると言えるのでござるが、株式市場には、PERが5倍などといった銘柄があるのでござる。 確かにPERだけを見ると、驚く程割安であるように見えるのでござる …

【財務諸表を見て、キャッシュフローを確認するのでござる】

気になる会社の財務諸表を見るには、その会社のIR情報などで見ることができるのでござるぞ。 また、会社四季報や日経会社情報などでも簡単に見ることができるのでござる。 例えばネットキャッシュがプラスかマイ …

【買ってはいけない低PBR株を詳しく見てみるのでござる】

PBRが低い=バリュー株という側面がある一方、赤字続きで倒産しそう等、問題があって低PBRとなっている会社ももちろんあるのでござる。 以前、PBRが低くても、こんな会社には投資をしてはいけない、という …

【2つの会社の配当利回りを見て、増配余地を探るのでござる】

今回もまた2つの会社を見てみるのでござる。 今回見る会社でござるが、A社とB社なのでござる。 A社については配当利回りが1%、B社については配当利回りが3%でござるぞ。 【A社】 (バランスシート) …

【現金会計が見直されておるのでござる】

会計上の利益が黒字だった会社が、いきなり倒産したり、赤字になることがあるのでござるが、これはなぜでござるか。 その背景には、会計基準の変化があるのでござる。会計基準が変わることでこのようなことが起こる …

トップへ戻る