【キャッシュフローってなんでござるか?】

Pocket

前回、キャッシュフローという言葉が出てきたのを覚えているでござるか?
今回は、そのキャッシュフローについて説明するのでござる。

キャッシュフローは、会社の信用度を分析するときに重視されるのでござる。
フリーキャッシュフローとは、会社が稼いだお金から、会社が活動するのに必要なお金を差し引いた、余剰資金のことをいうのでござる。
例えば、売上高2000万円の会社があったとするのでござる。この会社の売上は、すべて現金で入ってくると仮定するぞ。
なお、この売上の原価と様々な経費を合計した金額は1800万であるとするのでござる。これも現金で支払ったのでござる。さらに、この会社では、期末に会社の備品(パソコン)を買ったのでござる。それによって出ていった支出は現金で300万でござるぞ。

そうすると、当期利益は2000万-1800万=200万円となるのでござる。そして、フリーキャッシュフローは、2000万-1800万-300万=-100万なのでござるぞ。
この例からも分かるとおり、フリーキャッシュフローとは、差し引きで現金がいくら増減したか、ということなのでござる。この例の場合、2000万円の現金収入と2100万円の現金支出があるので、フリーキャッシュフローはマイナス100万となってしまうのでござる。しかし、会計上の利益はこのパソコンの購入はカウントせず、200万円の利益となっているのでござる。
なぜなら、パソコンは設備投資となり、費用にはならないからなのでござる。ちなみに、家計簿にパソコン購入を付ける場合は普通は経費として帳簿をつけるのでござる。買ったものが食べ物であれ、洋服であれ、パソコン等の家電であれ、買えば現金支出という扱いになるのでござる。しかし、会社の場合は、パソコンを買った場合は設備投資という扱いになるので、費用にはならないのでござる。

関連記事

【黒字に転換させやすいものについて考えてみるのじゃ!】

今回もまた同じPBRの会社について見てみるのじゃ。今回の会社AとBは、どちらもPBRは0.5倍なのじゃぞ。 そして、AとBはどちらも赤字企業なのじゃ。さらに、売上高も同じで、事業は2種類行っておるのじ …

【PBRが低くても、『買い』の銘柄を見つけるのでござる!】

低PBR株のうち、倒産リスクの少ない、買いの銘柄を見つける方法として、前回はネットキャッシュがプラスかどうかを見ることを紹介したのでござる。 今回はそれ以外の判断基準を紹介するのでござる。 まず一つ目 …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!(その1)】

前回まで数回に渡り、は三川を説明したぞ! 今回は、三空について説明するのじゃ!! 三空とは、ローソク足とローソク足の間に空間が出来る形のことを言うのじゃ。この空間を窓や空と言うのじゃが、これが3回連続 …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その2>】

前回は、説明するのは、三兵の一つである赤三兵を説明したぞ。 前回説明した赤三兵はあくまでも基本の形じゃったが、今回はその亜種について説明するぞ。 今回見てみるのは、赤三兵の一種である赤三兵先づまりじゃ …

【同じ配当利回りの2つの会社を比べてみるのでござる】

今回もまた、同じ配当利回りの2つの会社のバランスシートを比べてみるのでござるぞ。 この2つの会社はどちらも配当利回りが2.5%なのでござる。 【A社】 現金同等物…25億円、その他資産…75億円 有利 …

トップへ戻る