【またHLバンドについて見てみるのじゃ!】

Pocket

前回HLバンドについて取り上げたのじゃが、今回もまたHLバンドを見てみるのでござるぞ!

HLバンドはトレンドの方向はMバンドの向きで確認するのでござるぞ。
Hバンドを抵抗線と考え、Lバンドを支持線と考えるのでござる。
HLバンドで使用する期間・日数は、10日・20日を使うことが多いのでござる!

売買シグナルの判断もとても簡単なのでござる。
過去20日間の高値を上抜けしたら買いシグナルと判断して、 過去20日間の最安値を下にブレイクしたら売りシグナルと判断するのでござる。中間線の傾きはトレンドの方向性を示しており利益確定や損切り注文の目安となるのでござる。このHLバンドはダマシが多いのが欠点なのでござる。そのため、トレンドの強さにも注意が必要なのじゃ!

HLバンドの他の使い方として、取引量の多さのボラティリティの計測として使用する、というものがあるのでござる。価格変動が激しいと、HバンドとLバンドの狭くなったり広くなったりするのでござる。HバンドとLバンドが狭いときは レンジ相場の可能性が高いのでござる。このような時は、Hバンド付近で売りを仕掛けLバンド付近で買いを仕掛ける という手法も有効でござるぞ。HLバンドの幅が広いときは、両バンドを上抜けや下抜けをするのを待って取引を進めるのでござるぞ。 反対に、HLバンドの幅が狭いときは、高値付近で売りを仕掛け安値付近で売りを仕掛けるのでござる。

先ほども書いたとおりHLバンドはトレンドの強さに左右される欠点があるので、他の指標と組み合わせて使うのが良いのでござるぞ。

関連記事

【同じPBRの会社が買収される場合】

今回もまた、同じPBRの会社について見てみるのでござる。 今回もA、B二つの会社について、見てみるのでござるぞ。 A社はとB社は異なる業界の会社なのでござる。二つともPBRは0.7%なのでござる。 A …

陽線五本【買いシグナルの酒田五法6】

今回も底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる。 今回見るのは、陽線五本でござる。 陽線五本とは、その名のとおり、5連続で陽線が出ていることでござるぞ。 この5本の陽線は、横ばい、またはそ …

【同じPERの会社を見てみるのでござる】

今回もまたA社とB社という2つの会社を比べてみるのでござる。 この会社はどちらもPER20倍なのでござる。 そして、どちらも受注産業なのでござる。 【A社】 (受注高) 2010年…50億円、2011 …

【繰越税金資産のある会社とそうでない会社とを比べるのでござる】

前回、繰越税金資産について書いたのでござる。この繰越税金資産は、将来税金を払わないで良い権利のことを言うのでござる。 今回もまた2つの会社を比べてみるのでござる。この2つの会社は、どちらもPBRが0. …

【MACDでどのようにトレンドを見るのでござるか?】

前回、MACDとはどのようなものなのか、ということを説明したのでござるが、今回もまた、MACDの特徴を説明するのでござる。 前回説明したとおり、MACDは日本語にすると『移動平均収束拡散法』というもの …

トップへ戻る