【さらにボリンジャーバンドに迫ってみるのでござる!】

Pocket

前回は、ボリンジャーバンドがどのようにして算出されるのかということを中心に説明したのでござるぞ。
今回もまた、ボリンジャーバンドについて解説するのでござる。

ボリンジャーバンドの中心となっているのが、実は移動平均線なのでござる。
こんな感じなのでござるぞ。

このチャートには株の周りに複数の線が表示されておるが、その真ん中のピンク色の線が移動平均線なのでござる。その周りの青色の線緑色の線ボリンジャーバンドなのでござるぞ。

株価は上がったり下がったりするが、移動平均線あたりで株価が推移していることが多く、移動平均線から極端に離れることはさほど多くない、という考えに基づいているのがボリンジャーバンドなのでござる。そのため、移動平均線からの乖離が大きくなった時、ボリンジャーバンドより高い位置に株価が来た場合は売り、逆に、ボリンジャーバンドより安い位置に株価が来た場合は買いという逆張りでよく使われるのでござる。

先ほども書いたとおり、ボリンジャーバンドの中央には移動平均線があるわけなのじゃが、統計学的にその移動平均線の上下の線の間で株価が動く確率が、それぞれ想定されるのでござる。これが、前回書いた統計学の「正規分布」に当てはめた確率なのでござる。再度書くと、

移動平均線から一番近い上下線の間で株価が動く確率(1次標準偏差、1σ)=約68.3%
移動平均線から二番目の上下線の間で株価が動く確率(2次標準偏差、2σ)=約95.5%
移動平均線から三番目の上下線の間で株価が動く確率(3次標準偏差、3σ)=約99.7%

ということなのでござるぞ。

また次回もボリンジャーバンドについて見てみるのでござるぞ!

関連記事

ゴールドウインがストップ高じゃ

 さまざまな分野において日々新素材や新技術を開発しようと切磋琢磨しておるのじゃが、人工合成蜘蛛糸「QMONOS」を開発したバイオベンチャー企業であるスパイバーに対し、スポーツ用品などの繊維商品を販売す …

【特別損失に注目するのでござる】

これまで数回にわたって、PERと低PERについての解説をしてきたのでござるが、いよいよ今回からは、バランスシートを比較して、PERを見てみるのでござるぞ! 今回はA社とB社という2つの会社について見て …

【移動平均線って何でござるか?】

今回から見ていくのは、チャート分析の鉄板とも言える、移動平均線でござる。 移動平均線は、一定期間の株価の終値平均値を、毎日、毎週、毎月といった一定期間で割ってグラフ化したものでござるぞ。名前をよく聞く …

【MACDってどんなものでござるか?】

これまで見てきた移動平均線やボリンジャーバンドと並んでメジャーなオシレーター系テクニカルチャートのMACD。Moving Average Convergence and Divergence の略でM …

【ROCについて説明するのでござる】

ROCは「Rate of Change」の略で日本語では「変化率」と呼ばれておるのじゃ。ROCは現在の株価と何日か前の株価の差をポイント(比率)で表わすテクニカル分析の指標の一つでござる。オシレーター …

トップへ戻る