株価水準を測るモノサシってなんでござるか?

Pocket

そのモノサシはいくつもあるでござるよ。たとえば利益や会社が持っている財産(資産)や、配当利回りなどがそうなのでござる。
けれども、利益水準は企業の規模や業種で変わってくるのでござる。
だからこその「1株あたりの価値」なのでござる!
大企業でも株価が400円や600円なものもあれば規模が小さく利益も小さいのに株価が
数十万する所だってあるのでござる。

関連記事

赤字企業でも株価が上昇する、その理由とは!

利益が少ないどころか赤字企業でありながら、株価が上昇する銘柄も数多くあるのでござる。利益が少ない、あるいは赤字だから、PERだけ見たら投資はしたくないでござるな…。しかしながら、それでも株価が上昇する …

株価は将来性で動く!

指標で割安だからと言って、必ずしも株価が上昇するとは限らないんでござる! たとえば利益がそこそこ上がっていてPERが低かろうと一向に上昇しない銘柄だって少なくないのでござる。 こういった万年割安株は収 …

予想外のニュースに注目するのでござるぞ。

良い材料のニュースが流れた瞬間に株価が下がる場合があるとさっき言ったが そういったニュースは予想範囲内だった時に限られるのでござる。 もしも、業績発表で市場の予測を超えて好決算の数値が発表されたとすれ …

割安なら値上がりに期待するでござるぞ!

株の値上がり益で儲けるためには安いところから買って値上がりした所で売るっていうのが大原則らしい!まあそれでも今の株が将来値上がりするかどうかなんて誰にも分からないでござろう? そこで、その株が「割安」 …

利益から株価水準を測るのでござる!

「利益(純利益)」をもとに株価が割安か割高か判断する基準があるのでござるぞ! PER(株価収益率)と言って「今の株価が、1株あたりの利益の何倍なのか」示す指標があるのじゃ! この数値が大きいほど、儲け …

トップへ戻る