数値が低いほど割安なのじゃ!

Pocket

たとえば、A茶屋の株の1株利益が40円で、株価が800円ならば、PERは20倍(800円÷40円)なのでござる!
たとえば、株価が1200円まで上昇すればPERは30倍になり、割高になるのじゃ!
株価が同じでも一株の利益が50円になればPERは16倍に下がってしまい、割安になってしまうんでござる。
このようにPERの数値が低いほど、株価わ割安になるのでござる。下値(現在の値段よろさらに安い値段)不安が少なく、上値余地があると判断していいのでござる!

だが、業種によっては、全般にPERが高くなる傾向がある事もあるんでござる。
なお、純利益がマイナスの赤字企業はPERが算出できない故、投資情報誌などの該当欄では「一」となっているのじゃ。

関連記事

現在の活動から将来の業績を予測でござる!

ある会社の業績が良くなると市場が予測し、すでに株価が上がっていたところに、プラスのニュースが出たことで「材料出尽くし」とした投資者が株の売り時と判断する事がよくあるのでござる。 この時点で株価が反落( …

予想外のニュースに注目するのでござるぞ。

良い材料のニュースが流れた瞬間に株価が下がる場合があるとさっき言ったが そういったニュースは予想範囲内だった時に限られるのでござる。 もしも、業績発表で市場の予測を超えて好決算の数値が発表されたとすれ …

「好業績」で株価が下落するカラクリ?!

企業の業績ってのは株価をものすごく左右するものでござる。業績が良くなれば株主に利益還元もできるんじゃ。さらには経営の安定にも繋がるのでござる!特に大事なのは「将来性」に着目しなければならないという所で …

赤字脱却企業に注目でござる!

企業の変化も、赤字からの黒字転身は、市場では特に歓迎されるのでござる!今(今期)赤字決算だとしても来期以降の予想が黒字だとしたらその企業の株価も上昇なのじゃ! それまでずっと赤字で株価が低い状態からの …

赤字企業でも株価が上昇する、その理由とは!

利益が少ないどころか赤字企業でありながら、株価が上昇する銘柄も数多くあるのでござる。利益が少ない、あるいは赤字だから、PERだけ見たら投資はしたくないでござるな…。しかしながら、それでも株価が上昇する …

トップへ戻る