LINE関連記事が凄いでござる!【市場の注目記事一覧!】

Pocket

本日の日経新聞の夕刊記事でござる!

市場の注目を集めた記事一覧
1.LINE関連株が高い「東証上場申請」報道で買い続く(7月16日)
2.鳥貴族初値は公開価格の2.2倍(7月10日)
3.ジャストシステムが一時ストップ安「ベネッセの情報流用」と伝わる(7月10日)
4.イグニスの初値は公開価格の4.4倍(7月16日)
5.ベネッセHDが一時6%超安「最大2070万件情報漏えい」を嫌気(7月10日)
6.株、膠着予想が一転 米銀決算がもたらした思わぬ「贈り物」(7月15日)
7.ジャストシステム「流出情報と認識せず」ベネッセ漏えい問題で(7月10日)
8.ファーストリテイリング、下方修正でショック再来か、国内復調は支え(7月10日)
9.日経平均、上げ幅100円超える「海外投資の買い」の見方(7月14日)
10.米国株、反落 ダウ70ドル安、ポルトガル不安で 業績期待は支え(7月10日)
11.東証、22日から主要銘柄の呼び値縮小 市場には期待と不安(7月16日)
12.LINE、東証に上場申請 時価総額1兆円か(7月15日)
13.NY株、欧州不安も底堅さ「決算までは買い」の見方(7月11日)
14.第一生命、公募増資などで最大2641億円調達 当初見込み下回る(7月15日)
15.鳥貴族が買い気配で始まる きょう新規上場(7月10日)
16.NY株、FRBリポートが割高感指摘 強まる投資家のジレンマ(7月16日)
17.ベネッセ顧客情報、ジャストシステムが入手 名簿業者から(7月10日)
18.米国株、続伸 ダウ111ドル高、シティ決算でゴールドマンつれ高(7月15日)
19.ブラジルレアル、虫できないW杯大敗 経済に影響(7月10日)
20.株式相場に水差す機械受注 予想外の大幅悪化に戸惑い(7月10日)

7月10~16日の東京株式市場で日経平均株価は
1万5100~1万5400円台で推移したらしいでござる。

金融情報端末のQUICKでよく読まれた記事をランキングしたところ
国内外のマクロ経済動向や
企業業績を材料に、日米の株価動向を分析した記事が上位に入ったんでござる。

期間中に高い関心を集めたのは
日米株式相場の底堅さを伝える記事でござる。

4~6月期の決算発表が本格化した米国では
金融機関などで市場予想を上回る
業績発表が相次いだんでござる。

米ダウ工業株30種平均が上値を追う展開となり
交換した買いが日本株にも及んだんでござる。
先週にポルトガルで金融危機の経営不安が浮上。

国内でも10日発表の5月の機会受注統計が大幅マイナスとなり
市場にリスク回避ムードが強まりかけていたんでござる。
個別企業の株価を熱かった記事も読まれたんでござる。

注目度が高かったのは
無料対話アプリを手掛けるLINEの上場に関連した記事でござる。
LINEは15日までに東証証券取引所に上場申請。
承認を得たうえで11月にも新規上場する見通しでござる。

時価総額は一兆円超えと見られ
まれにみる大型案件となるらしいでござる。

LINE関連サービスを提供するネオスやエムアップといった
銘柄にすでに投資家の先回り買いが
広がっており、国内市場の活性化につながるのではないかと期待を寄せる
市場関係者が多かったんでござる。
このほか集計期間中にはファーストリテイリングが2014年8月期の純利益見通しを下方修正
したほか、日銀が4月末にまとめた経済・物価情勢の展望の中間発表を発表したんでござる。

来週以降は国内でも主要企業の4~6月期の決算発表が本格化するので
株式相場の方向性が読みづらい状況が続いてきたが投資家にとっては徐々に
取引の手掛かりが増えそうでござる。

SBI証券 

 

【カテゴリ】雑誌をざっくり読む

関連記事

高騰の可能性のある、2015年の新テーマ株をチェックするのじゃ!

≪ネットマネー2月号≫P.43では、2015年の新テーマ株20銘柄を紹介しておるのじゃ! 株式市場は常に新しいテーマに注目するのじゃ。例えば、サイバーダインの上場でロボット関連事業が注目されたように、 …

【NISAで人気の高利回り株を見てみるのじゃ!】

前回紹介したとおり、≪ダイヤモンド・ザイ≫2015年2月号P.44~、「2014年の株&投信の総決算から学べ!2015年の儲け方&NISAワザ」という記事が掲載されておるのじゃ。 その中で、昨年NIS …

【インド株が堅調なのじゃ】

日経新聞3月9日(月)夕刊に、『世界株番付』というコーナーが載っておるのじゃ。 それによれば、インド株が堅調に推移しているとのことで、代表的な株価指数であるSENSEXは、3月4日に歴史上初めて3万の …

【2年目NISAの注意点なのじゃ!】

≪ダイヤモンド・ザイ2015年4月号≫P.28より、「桐谷さん2年目NISAの新しい優待株の儲け方」という記事が掲載されておるぞ。 前回紹介したとおり、桐谷さんが実際にNISAで優待株を買った経験や制 …

○○企業の含み損の表面化でござるとな?!

土地持ち企業の国際会計基準適用で含み益が表面化でござるぞ! 2020年の東京五輪開催に向けて、東京都市部を中心に開発が始動し 不動産の含み益が株価を動かす材料として力を増している。 これまでアナリスト …

トップへ戻る