10万円代で買える株・増配余力充実株べスト5でござるぞ!

Pocket

自己資本比率が高く配当性向が低い株に注目でござる!

「再増配余力株」についての基準?

①配当利回りが2.5%ござる
②今季予想配当額の対前期比増加率が10%以上ござる
③自己資本比率が50%以上ござる
④配当性向が30%以下ござる

今回の他のタイプと異なる点は③と④。

なぜこれらの条件をクリアするともっと増配できると判断
されるのでござるのか?!

③の自己資本比率について
この数値が高いことは借金が少ない事を意味し
稼いだお金が借金の利子に消えて行くことが少なくなるんでござる!
要は、自由に使えるお金が増えて、配当にも回しやすくなるという事なんでござる。

それから④配当性向でどれだけ利益が配当に回っていくかを調べるのでござるが
この数値が低い(30%以下)と、自由に使えるお金がある割には配当に回っていない
もっと回せると判断できるんでござる。

待ってました、ベスト5の発表でござるぞ!!

①SRAホールディングス【_3817_】16万で買える!
IT投資拡大で増収増益
今期から中間配当も実施でござる!

②アトムリビンテック【3426】11万で買える!
3年連続で営業増益へ
配当余力は高まる一方でござるぞ!

③共和レザー【_3353_】5万で買える!
前期の営業利益は6倍
今期は微増益も大幅増配

④アイナボホールディングス【_7539_】7万で買える!
通期最終益の87%をすでに達成!
さらなる増配が期待されるんでござる!

⑤JFEシステムズ【_4832_】10万で買える!
ITインフラサービスが好調!
今期は中期計画の最終章でござるぞ!

情報システム会社や建材、皮材メーカーを選定でござる!
自己資本比率が高く、配当性向が低い銘柄について!
自己資本比率が57%超で、配当性向は25%に満たないのが情報システムの
SRAホールディングスでござる。
決算短信では「配当性向は20%をメドにとあるが、前期の配当性向は23%で
今期は24%と、いずれもメドを多少なりとも超えているんでござる!
JFEシステムズも配当性向は26%でこちらも再増配期待が高い銘柄と言えるんで
ござるぞ!
今回惜しくも漏れてしまったのが得スティック【_6161_】
自動車などの組み立て工程で用いるネジ締め機器の製造メーカーで
好業績なんでござる。
今期は中国や北米など海外が伸長し、9%増収へ!
自己資本比率は88%超で配当性向は23%台なんでござる。
ところが原稿を書いている7月2日に株価が急騰し、10万円株ではなくなってしまったんでござる!それでも20万円そこそこで買えるからこちらも是非チェックでござるぞ!!

【カテゴリ】雑誌をざっくり読む

関連記事

「順張り」銘柄を狙うんでござる!

上がっている銘柄を狙う「順張り」とは何でござるか?! 上がりきってない銘柄を買う…というのがミソなんでござるかな? それは株の基礎で学んだんでござるが… 記事を読んでみるでざる… 去年の前半や年末のよ …

【株主持続の条件とは?】

日経新聞3月14日(土)朝刊に、『株高持続の条件は? 海外投資家に聞く』という記事が掲載されておるぞ。 3月13日(金)の日経平均株価は連日の大幅高となり、15年ぶりに終値で1万9,000円台を回復し …

【今年注目の高配当&高ROE株で上昇チャンスを捉えるのじゃ!】

前回紹介したとおり、≪ダイヤモンド・ザイ2015年2月号≫P.42では、「2014年の株&投信の総決算から学べ!2015年の儲け方&NISAワザ」という記事が掲載されておるのじゃ。2014年の出来事や …

【今年買って良い投資先を紹介するのじゃ!】

これまで何度か紹介したとおり、≪ダイヤモンド・ザイ2015年3月号≫P.30より、「買っていい×買ってはいけない 2015年の投資先!」という記事が特集されておるのじゃ! この中で買って良い投資先とし …

【大幅な増収益株に注目するのじゃ。】

≪ダイヤモンド・ザイ2015年4月号≫P.44より、『下落で買える&まだまだ買える10万円株41』という特集がされておるのじゃ。 その中で、ROE10%超に注目の大幅な増収益株5という記事があるのじゃ …

トップへ戻る