米国市場になだれ込む鉄鋼各社の台所事情でござる!

Pocket

コスト削減ばかりではどこかで行き詰まる
並行して新たな成長の種をまかねばならないんでござる。

その種は新大陸にあるのかもしれぬ…!
日系鉄鋼メーカーの視線が米国に集まっているんでござる。

国内首位の新日鉄住金は昨年11月
世界最大手のアルセロールミタルと共同で
アラバマ州にある独ティッセンクルップの工場を
1550億円で買収したんでござる!

国内3位の神戸製鋼所も5月26日
同州に数百億円を同じ現地の飲料缶メーカーやトヨタ通商と
合弁で自動車用アルミパネル工場を
2017年に稼働させると発表したんでござる。

こうした中で注目を集めているのが
JFEの動向なんでござる!

同社が食指を動かしているとうわさされるのが
ロシアの大手鉄鋼メーカー、セベルスタリが
ミシガン州とミシシッピ州に構える2つの工場でござる。

セベルスタリは米フォードから04年に製鉄所を買収し
米国市場に参入。

13年の粗鋼生産量は約500万㌧と
ただ設備投資のための借り入れがかさんだことや
中国などからの輸入鋼材の価格攻勢を受け、業績が低迷。
07~13年の7年間で計32.5億㌦の最終赤字を計上した。

5月上旬には米ウォールストリートジャーナルが
セベルスタリが北米の一部事業を売却すると報道。

米国最大手のUSスチール、ブラジルのナショナル
スチールのほかに、JFEが応札に興味を示しているとも
伝えられたんでござる。

JFEの広報担当者は本誌の取材に対し
あらゆる可能性を検討していると明確に否定しなかったんでござる。

背景にアジアの停滞

日系各社が今、米国に関心を寄せている
背景にはいくつかの事情があるのでござる。
1つはこれまで成長が続いてきたアジア市場の停滞でござる。

13年の中国の粗鋼生産量は7・8億㌧と
世界の生産量のほぼ半分を占める。

中国は自国で消費しきれない大量の鋼材を
東南アジアに輸出しており鋼材価格低迷の要因となった。

中国の過剰生産によってアジアが儲からなくなって
日系メーカーはアジアでの事業に二の足を踏むように
なったんでござるな…

そこに降ってわいたのが北米市場の回復と
特に自動車の生産台数はリーマンショック後の
09年には573万第まで落ち込んだが
13年には1104万台まで持ち直したんでござる。

今後も景気回復を背景に堅調な需要が見込まれるんでござる。

さらには燃費規制が強化されており
自動車の軽量化ニーズが高まっているのだ。

日系大手は計量だが強度に優れる高張力鋼板で
高い技術力を持つんでござる。
新日鉄住金は既存工場の増強だけでは不十分だとして
他社工場の買収を選んだんでござるな。

神戸製鋼も、自動車用アルミパネルの年間市場規模が
現在の10万㌧から20年には100万㌧まで拡大すると試算。

合弁工場の新設に踏み切ったんでござる!!
しかし…こうした流れに出遅れたJFE!!
JFEは、今後どう出るのか…決断の時が迫っているんでござる!

続きは雑誌を読むでござる!

【カテゴリ】雑誌をざっくり読む

関連記事

金運アップには財布選びも重要なのじゃ!

お金持ちは長財布を選ぶのじゃ。 日経マネー8月号の100ページではお財布について話しておる。 金運UPには財布選びも重要だということじゃ。 二つ折りよりも長財布のほうが優れているという。 貯まる人 貯 …

外国人も狙う!テーマ性が豊富で業績堅調な5万円で買える銘柄。

ネットマネー9月号では 5万円で買える株218銘柄を紹介しておる。 その中で、わらわが気になった記事をいくつかピックアップするのじゃ。 『短期勝負の5万円株 ~アイデア編2~』 ネットマネー9月号*P …

【投資戦略】儲け両取り&親子上場解消株とな?!

ネットマネー 2014年 10月号 [雑誌] では投資戦略10番勝負と題して 色んな確度から見た銘柄を紹介中でござるぞ! その中から2つピックアップしたでござる! 【儲け両取編】 値上がり益が、長期的 …

【買って良い・買ってはいけない投資先を見極めるのじゃ!】

≪ダイヤモンド・ザイ2015年3月号≫P.30より、「買っていい×買ってはいけない 2015年の投資先!」という記事が特集されておるぞ! 先日紹介した買ってはいけない投資先は欧州株じゃったが、今回紹介 …

黒田バズーカ2で上がる可能性大!注目銘柄をチェックじゃ!

すでに紹介しているとおり、≪ネットマネー2月号≫P.44では、黒田バズーカ2で上がる裏株82を紹介しておるのじゃ。 安倍政権になり、アベノミクスや追加金融緩和等、大胆で積極的な経済政策を推し進めておる …

トップへ戻る