【2年目のNISAを有効活用するのじゃ!】

Pocket

≪ダイヤモンド・ザイ2015年3月号≫P.78より、「2年目NISAの最適投信ベスト15!」という記事が掲載されておるぞ。

昨年より始まったNISAじゃが、NISA口座で投信を買ってみた人がやってしまいがちな間違いを前回取り上げたぞ。
ダイヤモンド・ザイでは、昨年NISA口座の活用を間違ってしまった人のために、上手に活用する方法を紹介しておるのじゃ。

今回紹介するのは、NISA以外の資産が1000万円以上ある、という資金に余裕のある人向けの活用法じゃぞ。

そもそも投信は、複数銘柄へ分散投資するのが特徴じゃ。自分で株や為替に分散投資をすることもできるが、その場合、一つ一つの商品のパイが大きくなってしまうため、それなりに資金が大きくなってしまうのが難点なのじゃ。
また、ベテラントレーダーであれば上手に分散投資できるかもしれないが、初心者が分散投資しようにも、最初から効果的にできるかというと疑問なのじゃ。
その点、投信はプロが選んだ投資商品を組み合わせ、リスクヘッジしながら効果的なリターンを狙う、というものなので、初心者にも安心なのじゃ。
さらに、自分で株や為替等の商品を組み合わせるより、費用が安くて済むメリットもあるぞ。

ダイヤモンド・ザイで紹介しているのは、NISA口座で100万円だけリスクを取る、というものじゃぞ。国内外の株型の投信に全額投資して、値上がり益を積極的に取る、という手法じゃ。

株型の投信は、値動きが大きく、値下がりする時も大きくなってしまうデメリットがあるぞ。しかし、1000万円以上の資産を持っていた場合、仮に投信への投資分がゼロになっても、全体資産の10%未満の損失に抑えることができるのじゃ。なお、株の場合、発行体である会社が倒産してしまうことで株価が0になる可能性も否めないのじゃが、投信の場合は、複数の株に投資するので、0になる可能性は極めて低いのじゃ。

ダイヤモンド・ザイでオススメしている買い方は、国内型株型と先進国株型、新興国株型を3分の1ずつ、あるいは15年は国内株型、翌年は先進国株型、翌々年は新興株型…というように、毎年異なる株型に投資する方法じゃ。リスクを取って、高収益を目指す方法なので、市場平均に連動するインデックス型でなく、市場平均を超える収益を狙うアクティブ型を狙うと良い、としておるぞ。

投信デビューをこれからしてみたい…という方!
そのためには口座開設が必要になるのじゃ。まだであれば、口座開設情報を確認してみると良いぞ!

【カテゴリ】雑誌をざっくり読む

関連記事

高利回り安定運用の狙い目商品BEST50じゃと?! その3

狙うは高利回り投信25じゃと?! 【投信】 年10%前後の分配金利回りを取りたいなら 米国ハイイールド社債やUSリートを組み入れた投信に注目なんでござる! 通貨選択型投信には年利回り20%を超えるもの …

【金持ち企業を探して、株主還元を受けるのじゃ!】

先日紹介したとおり、≪ネットマネー2月号≫P.65~、「マンガでわかる風雲マネー塾」という記事が紹介されており、様々な金融商品に関する基本的なことなど、マンガを交えて分かりやすく解説してくれておるぞ! …

半導体を扱う企業の注目本命銘柄じゃと?!

拙者が好きな銘柄のうち以下のものがほんま好きじゃ! 半導体は夢なんでござるぞ!銘柄として! 富士エレクトロニクス 東1【_9883_】 外国製の半導体を手掛ける商社でござる。 4%台の高利回りでねらい …

新年相場の爆騰株100から、新年に注目の新国策銘柄をチェックじゃ!

先日紹介した≪ネットマネー2月号≫の新年相場の爆騰株100じゃが、まだまだ気になる記事が載っておるのじゃ。P.41には、「新年の新国策銘柄20」が紹介されておるぞ。 2015年は国策銘柄銘柄に注目なの …

【なでしこ銘柄って何じゃ?】

日経新聞3月19日朝刊によれば、 経済産業省と東京証券取引所は18日、女性登用を進めながら業績の向上を実現している「なでしこ銘柄」として、日産自動車や東芝など40社を選んだそうじゃ。2012年度から始 …

トップへ戻る