【2年目のNISAに最適な投信を見てみるのじゃ!】

Pocket

≪ダイヤモンド・ザイ2015年3月号≫P.78より、「2年目NISAの最適投信ベスト15!」という記事が掲載されておるぞ。
NISAがスタートして1年。投資で得た利益の税金が0になるNISAをより良く使うために、今回は投資信託にスポットを当てておるのじゃ。
今更言うまでもなく、NISAは株、投信、ETF、Jリート、外国株に投資できるのじゃ。現在は年間の上限が100万円じゃが、2016年には、非課税枠が年間120万円まで拡大する予定じゃぞ。

昨年は相場が好調だったことから、NISA口座で順調に利益を増やしているトレーダーも多いのでは?
色々な投資商品に使えるNISAじゃが、投資信託で利用する場合はどのようなことに注意して今年は臨むべきか、ということが詳しく説明されておるのじゃ。
NISAで株取引をしている方、今年は投資信託にチャレンジするのも良いかもしれぬぞ。

昨年NISAで投信を取引している人で、ありがちな間違いをダイヤモンド・ザイでは挙げておるぞ。
例えば、一般の口座で保有している投信を、NISAでも買った…なんていう方はおらぬか?これでは、リスク分散にならないのじゃ。一般の口座とNISA口座とで、異なる投信を持ってリスク分散するのが吉なのじゃ。
また、まとまったお金がないから1万円で投信を買っただけに終わった…という方はおらぬか?投信の場合、まとまったお金がなくても、月々数千円から始められる積立もあるのじゃ。

さらに、NISA口座を開設してみたものの、迷ってしまい、結局去年は何もできなかった…という方。意外といるのではないじゃろうか?投資の初心者にとって、株取引は選別が難しく、ハードルが高く感じられてしまったのかもしれないが、投信の場合、低リスク型という商品があるのじゃ。もし、迷ったために去年何も取引できずにNISA口座を開設しただけで終わった方は、今年は投信の低リスク型から始めてみるのも良いかもしれぬぞ!

投資で得た利益が0になるNISAのメリットを最大限に活用して、今年は賢く投資してみるのじゃ!
そのために、口座開設が必要になるぞ。口座開設がまだの人は、口座開設情報をチェックすのじゃ!

【カテゴリ】雑誌をざっくり読む

関連記事

中小型株の中で日本マクドナルドホールディングスは下げに強い優待銘柄じゃ。

日経マネー8月号の54ページでは 【運用のプロの中小型株スクリーニング術】 を紹介してるのじゃ。 優待銘柄の多くは新興市場などに上場する中小型株じゃ。 儲けるには中小型株投資で勝たねばならぬ。 日経マ …

【注目度が急激アップの最新人気テーマ株に注目じゃ!】

≪ダイヤモンド・ザイ2015年4月号≫P.44より、『下落で買える&まだまだ買える10万円株41』という特集がされておるのじゃ。 その中で、注目度が急激アップの最新人気テーマ株6という記事があるのじゃ …

【高配当株や投信の大化け株を狙うのじゃ!】

前回紹介したとおり、≪ダイヤモンド・ザイ2015年2月号≫P.44~、「2014年の株&投信の総決算から学べ!2015年の儲け方&NISAワザ」という記事が掲載されておるのじゃ。 その記事によると、ア …

新年相場の爆騰株100から、新年に注目の新国策銘柄をチェックじゃ!

先日紹介した≪ネットマネー2月号≫の新年相場の爆騰株100じゃが、まだまだ気になる記事が載っておるのじゃ。P.41には、「新年の新国策銘柄20」が紹介されておるぞ。 2015年は国策銘柄銘柄に注目なの …

【ROE相場革命が始まるのじゃ】

日経新聞3月22日朝刊によれば、東京株式市場にまた再び海外マネーが流入してきているとのことなのじゃ。その影響もあり、日経平均株価はじりじりと上昇を続けておるぞ。東京証券取引所によれば、海外投資家は3月 …

トップへ戻る