【買っていい高配当株と買ってはいけない高配当株を見極めるのじゃ】

Pocket

≪ネットマネー3月号≫P.18~「10年配当生活のための買い替えプロジェクト」という特集がされておるぞ。その中で、『植草まさしの買っていい高配当株&買ってはいけない高配当株』という特集があるのじゃ。この特集では、金融ジャーナリストの植草まさし氏による銘柄選びのポイントが書かれておるのじゃ。

今回は、買ってOKのものとして、復配観測り低配当性向配当性向堅持の3つを見てみるのじゃ。

まずは復配観測のある銘柄についてじゃが、無配の銘柄が配当を再開すると、配当をもらえるだけでなく株価も上昇するのじゃ。たとえば、100円で買った無配株が2円配当すれば、配当利回り1.5%としても元本は133円に上昇する計算となるのじゃ。そうなれば、売却して利益を得てもよし、長期保有してもよしで、投資としてはこれ以上ないほど理想的とネットマネーでは言っておるのじゃ。

また、低配当性向についてじゃが、このような銘柄は、理由もなく内部留保を積み上げる、M&Aの予定があるのどちらかであるとネットマネーでは指摘しておるのじゃ。投資もせず、余剰金を貯めるだけの会社には株主からの強烈な増配圧力がかかるので、増配候補と見ていいそうなのじゃ。大幅増益、小幅増配企業に注目とのことなのじゃ!

さらに、配当性向堅持についてじゃが、1株あたりの利益の何%を配当に回すかが配当性向なのじゃが、1株あたり利益が200円で50円配当であれば、配当性向は25%になるのじゃ。配当性向が決まっていれば、利益が期初予想から変動しても受け取れる配当額を予想できるのじゃぞ。これは投資家にとってメリットであるとネットマネーでは指摘しておるのじゃ!

【カテゴリ】雑誌をざっくり読む

関連記事

ネットマネーから今月GOODな本の紹介なのじゃ。

秋と言えば… 食欲の秋!!女子会が一層楽しくなる季節じゃの☆ だが、ここでは読書の秋じゃ。 秋は株やお金について本を読んで株に勝つのじゃ!! まずはネットマネー12月号 (P.130)今月のグッドなマ …

【先週の株式相場をおさらいするのじゃ!】

日経新聞3月29日朝刊に『日曜に考える』とういコーナーがあるのじゃ。その中に、『市場アウトルック』というミニコーナーがあり、ここでは先週の株式市場の概況と、それを踏まえた上ででの今週の株式市場の展望が …

【今年買って良い投資先を紹介するのじゃ!】

これまで何度か紹介したとおり、≪ダイヤモンド・ザイ2015年3月号≫P.30より、「買っていい×買ってはいけない 2015年の投資先!」という記事が特集されておるのじゃ! この中で買って良い投資先とし …

キューピーが年初来高値でござる!

キューピーが8日続伸、前日比52円高の1806円まで買われ 連日の年初来高値更新でござる! UBS証券では16日付で買いを継続、目標株価は1660円から 2040円に引き上げられているんでござる! 前 …

株を学ぶなら経済学も学ぶでござる!

外国人労働者の受け入れ拡大の作で日本経済は持続成長できるのか? 政府は6月末、新成長戦略で外国人の「働き手」の受け入れ拡大を 打ち出したんでござる。 帰国を前提とし、永住に繋がる「移民」導入策ではない …

トップへ戻る