【移動平均線とローソク足を使うのじゃ!】


≪ダイヤモンド・ザイ2015年4月号≫P.44より、『下落で買える&まだまだ買える10万円株41』という特集がされておるのじゃ。
その中で、上昇トレンドの株にうまく乗る方法という記事があるのじゃ。

ダイヤモンド・ザイでは、移動平均線とローソク足を使って売り時を判断する、ということについて取り上げておるのじゃ。

上昇中の株は、上昇トレンドが変化するまで売り注文を入れないのが基本なのじゃ。トレンドが変わらない限り、株価の上昇とともに利益はどんどん膨らむのでじゃ。そのため、問題は、トレンドが上昇から下降に転換するポイントの見極めになるのじゃ。業績拡大に伴う緩やかな上昇トレンドの場合は、13週や26週など、期間の長い移動平均線が右肩下がりになり、株価がそれらを下回ったら下降トレンドへと転換したと考えて良い、とダイヤモンド・ザイでは紹介しておるぞ。

この他に、下値支持線を割り込んだらトレンド転換した、と考えて良いのじゃぞ。

また、急上昇した株は変動幅が大きくなっているため、大きな上昇が狙える反面、一度下落へ転じると急落する危険性もあることに注意するのじゃ。このような場合、トレンドは突然変化するため、日足の動きを確認し、下げの兆候が出たら、すかさず売り注文を入れるのじゃぞ。

また、急落に備えるために、逆指値を上げていく方法も有効なのじゃ。動く逆指値であるトレール注文が証券会社によっては用意してあるので、使ってみると良いのじゃぞ。

【カテゴリ】雑誌をざっくり読む

関連記事

【株の失敗はなぜ起こるのじゃ?】

≪ダイヤモンド・ザイ2015年4月号≫P.44より、『下落で買える&まだまだ買える10万円株41』という特集がされておるのじゃ。 その中に、『「買ったら下がる」「売ったら上がる」株の失敗はなぜ起こる? …

REIT、物件取得鈍る!

投資家から小口の資金を集め、オフィスビルや商業施設等で運用する 不動産投資信託(REIT)による物件取得にブレーキがかかっているらしいでござるぞ! 今年1~7月は前年同期日で4割減ったんでござる! 不 …

高利回り安定運用の狙い目商品BEST50じゃと?!その2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【ETF】 比較的高利回りなのはアジア新興国などの 債権インデックスに連動するETFなんでござる。 東証REIT指数に連動する3銘柄を組み合わせれば 毎月 …

【高配当株の利益確定のタイミングについて勉強するのじゃ!】

≪ネットマネー3月号≫P.18~「10年配当生活のための買い替えプロジェクト」という特集がされておるぞ。 先日は、高配当株を効果的に取引する方法について紹介したのじゃが、今回は高配当株の利益確定につい …

株主総会ではここをチェックするのじゃ!

株主総会に参加することは 会社自体の雰囲気を己の目で見れる良きチャンスなのじゃ。 良きか悪きかを見抜くのじゃ! ◇チェックポイント1◇ 受付の対応の様子も含めた会社の印象 受付の対応 信頼できるか 株 …

トップへ戻る