【海外M&Aブームは果たして稼ぐ力を向上させるのか?】

Pocket

日経新聞3月21日朝刊に『海外M&Aブームの罠』という記事が載っておるぞ。20日の日経平均株価は約15年ぶりの高値水準を付け、2万円乗せも視野に入ってきたのじゃ。自社株買いや増配が好感されているものの、一方で市場が消化しきれていないものが、『海外企業のM&A』なのじゃ。企業は海外企業のM&Aを成長戦略の一つとして打ち出すわけじゃが、世界的な株高で買収価格が高騰しているため、それに見合うだけの利益が出せるのか、市場では判断を迷っておるのじゃ。

実は株式市場では、今は空前のM&Aブームとのことじゃ。記事によれば、今年1月~3月の日本企業による海外M&Aは3月19日時点で約4兆3000億円とのことじゃ。前年の同時期のほぼ倍となっておるそうで、4半期ベースで過去最高とのことじゃ。

このように海外企業のM&Aブームの真っただ中にあるわけじゃが、海外市場の競争の激しさを理解した上で買収をしているのか?という疑問を呈する声もあるのじゃ。このような疑問の根底には、M&Aに高いお金を払いすぎていないか、ということがあるそうなのじゃ。

記事によれば、日本企業が海外企業の買収で投じた資金をEBITDA(利払い前・税引き前・償却前利益)で割った倍率を見ると、買収対象が米国企業、欧州企業とも今年は平均で15倍を越えているそうじゃ。一般に10倍未満が適正水準とされているため、それを超えていることが分かるのじゃ。とはいえ、この買収金額以上の収益が見込めれば、決して高い買い物ではない、という意見もあるのじゃ。例えば2012年に米国企業を買収したダイキン工業は、当時割高だと言われたものの、その後北米の空調需要の拡大で、高い成長を遂げているのじゃ。

しかし、市場は半信半疑なのじゃ。ことしの大型M&Aについて、買収公表後の株価を見ると、大半が市場平均を下回ってしまっているのじゃ。買収価格の高騰をめぐる市場の懸念を払しょくし、M&Aを通じて稼ぐ力の向上につなげられるのかが問われておるのじゃぞ。

【カテゴリ】雑誌をざっくり読む

関連記事

○○企業の含み損の表面化でござるとな?!

土地持ち企業の国際会計基準適用で含み益が表面化でござるぞ! 2020年の東京五輪開催に向けて、東京都市部を中心に開発が始動し 不動産の含み益が株価を動かす材料として力を増している。 これまでアナリスト …

お金持ち県に移住計画?お金持ちな県はどこなのじゃろうか?

日経マネー8月号の92ページから 【今日から実践できる『お金持ち』の法則】 について述べておるのじゃ。 ここでは97ページに書いてあるお金持ち都道府県ランキングについて書いてみようと思う。 $~お金持 …

フマキラー&アース製薬 デング熱で株価大幅高でござるぞ!

28日の東京株式市場で、フマキラー_4998_とアース製薬_4985_の 株価が大幅高でござるぞ! 蚊が媒介するデング熱の国内感染者が増えたことが 殺虫剤需要が高まる可能性が意識されたためとみられる。 …

【人気の大型株を見てみるのじゃ!】

先日紹介したとおり、≪ダイヤモンド・ザイ2015年3月号≫P.38より、「最強日本株番付」という記事が掲載されておるのじゃ。前回は高配当株について見てみたのじゃが、今回は、大型株について見てみるのぞ! …

【今年買い替えにふさわしい株はどのようなものなのじゃ?】

≪ネットマネー3月号≫P.18~「10年配当生活のための買い替えプロジェクト」という特集がされておるぞ。 先日は、今年1年のマーケットの展望についての予測を紹介したのじゃが、今回は、それを踏まえ、どの …

トップへ戻る