【先週のマーケット概況をあらためて振り返るのじゃ!】

Pocket

日経新聞3月28日付朝刊で、『スクランブル』という特集が載っておるぞ。ここでは、27日に続落した日経平均株価について書いてあるのじゃ。

27日の日経平均株価は先ほども書いたとおり、一時400円近く下げるなど、好需給を理由に楽観ムードだった市場に冷や水を浴びせたのじゃ。この背景には、期初の売りへの警戒があったと日経新聞では分析しておるのじゃ。

27日は、受渡しベースで実質的に新年度相場の初日だったことが、売りに転じた大きな理由の一つだったのじゃ。というのも、毎年期初いは上場投資信託(ETF)などを保有している銀行税が利益確定に売りを出す傾向があるそうじゃ。今回、海外勢が日本国内の金融機関を売りを気にし、国内勢が売る前に売ろうとしていた、とのことなのじゃ。

さらに、このところの日経平均の上昇スピードが速かったことから、海外短期筋の多くが日本株をいったん売りたいと考えていたのも売りを呼ぶこととなったのじゃ。彼らが売りたいと考えたのには、ドル高基調という、相場上昇の前提が変わってきていることがあるのじゃ。また、日経平均株価のチャートには、下ひげの長い十字線が25日に出ていることにも注目しておるぞ。というのも、下ひげの長い十字線が出たということは、高値圏で焦って買い急いだ投資家が多かったことを示しておるからなのじゃ。

米小売売上高など弱い米経済指標への不安も弱気心理を強めているそうなのじゃ。米景気の強さを元にしたドル高シナリオが覆れば、相場の前提が変わってしまうのじゃ。それを目ざとく注目したのが、オーストラリアの豪ドル先物の取引とのことなのだそうじゃ。豪ドルの米ドルに対する売り越し幅は2万8807枚と、一週間で約5万枚の買戻しが生じたそうなのじゃ。巻き戻しが始まりつつあれば、日本株への影響も見逃せない、とのことじゃぞ。

日経平均株価のチャートで表示されている十字線じゃが、このようなローソク足の見方について詳しく知りたい、という方は、こちらのページで多数紹介しておるので、チェックしてみると良いのじゃ!

【カテゴリ】雑誌をざっくり読む

関連記事

高騰の可能性のある、2015年の新テーマ株をチェックするのじゃ!

≪ネットマネー2月号≫P.43では、2015年の新テーマ株20銘柄を紹介しておるのじゃ! 株式市場は常に新しいテーマに注目するのじゃ。例えば、サイバーダインの上場でロボット関連事業が注目されたように、 …

外国人も狙う!テーマ性が豊富で業績堅調な5万円で買える銘柄。

ネットマネー9月号では 5万円で買える株218銘柄を紹介しておる。 その中で、わらわが気になった記事をいくつかピックアップするのじゃ。 『短期勝負の5万円株 ~アイデア編2~』 ネットマネー9月号*P …

【ブラザー工業が軟調なのじゃ】

3月10日(火)付の日経新聞朝刊に銘柄診断というミニコーナーが掲載されておるのじゃ。 今回ここで取り上げられたのは、ブラザー工業(東1 6448)なのじゃ。 ブラザー工業の株価は、3月9日(月)に一時 …

【売り時の重要性を学ぶのじゃ!】

≪ダイヤモンド・ザイ2015年4月号≫P.44より、『下落で買える&まだまだ買える10万円株41』という特集がされておるのじゃ。 その中に、『「買ったら下がる」「売ったら上がる」株の失敗はなぜ起こる? …

【高配当株や投信の大化け株を狙うのじゃ!】

前回紹介したとおり、≪ダイヤモンド・ザイ2015年2月号≫P.44~、「2014年の株&投信の総決算から学べ!2015年の儲け方&NISAワザ」という記事が掲載されておるのじゃ。 その記事によると、ア …

トップへ戻る