【世界の投資マネーの流れが変わってきたのじゃ】

Pocket

日経新聞3月12日(木)朝刊に、『マネー日欧株にシフト』という記事が掲載されておるのじゃ。

3月11日の東京株式市場では日経平均株価が3日ぶりに反発し、前日に米国株が今年最大の下落となったのは対照的な結果となったのじゃ。

この「日本株買い」で目立ったのは、海外勢であるそうじゃ。アメリカは今年利上げが予想されており、そのためにドル高となっておるぞ。ドル高がアメリカ企業の業績を抑えてしまうのではと懸念されており、投資家の関心は金融緩和が続く日本、そして先ごろ金融緩和が発表された欧州へと向かっておるのじゃ。

日本株は日銀や公的年金の買いが下値を支えている側面があるのじゃが、それ以外に海外からの日本株に対する再評価も見逃せないのじゃ。先ほども書いたとおり、アメリカの利上げが警戒されている中、S&P500種採用企業の1株利益は2015年度に1.7%の伸びにとどまるとアメリカの調査会社のトムソン・ロイターが予想しておるのじゃが、大和証券が予想した東証一部上場企業の純利益は2015年に13.9%の伸びが見込まれておるのじゃ。また、欧州の主要株価指数STOXX欧州600の構成企業の増益率も米国を上回る見通しとなっておるぞ。ここからも、日本や欧州に投資家の関心が向いていることが分かるのじゃ。

また、アメリカの調査会社のEPFRグローバルによれば、今年に入り、日本株ファンドには38億ドル(約4600億円)の資金が流入しているそうじゃぞ。一方、米国株ファンドからは268億ドルが流出しておるそうじゃ。

このように、かつて投資の主戦場だったアメリカは、利上げ予測により下火になっている代わりに、日本や欧州が主戦場となりつつあるそうじゃぞ。

株取引をするには口座開設が必要なのじゃ。
まだの人は、口座開設情報をチェックすると良いぞ!

【カテゴリ】雑誌をざっくり読む

関連記事

【先週の株式相場をおさらいするのじゃ!】

日経新聞3月29日朝刊に『日曜に考える』とういコーナーがあるのじゃ。その中に、『市場アウトルック』というミニコーナーがあり、ここでは先週の株式市場の概況と、それを踏まえた上ででの今週の株式市場の展望が …

評価が低すぎる株の選び方

どんなに業績がいい株を見つけたとしても、それだけでは株で儲けるには不十分なんでござる! その業績以上に評価され株価が上昇してしまっていては意味がないんでござる!割安な株探しを身につけるでござるぞ! ● …

【今年買って良い投資先を見極めるのじゃ!】

≪ダイヤモンド・ザイ2015年3月号≫P.30より、「買っていい×買ってはいけない 2015年の投資先!」という記事が特集されておるのじゃ! 今回紹介する買って良い投資先は、日本株なのじゃ! 日本株に …

【10年配当生活のための買い替えプロジェクトを紹介するのじゃ!】

≪ネットマネー4月号≫P.18~「10年配当生活のための買い替えプロジェクト」という特集がされておるぞ。この特集では、NISAで人気の高配当株について、ネット証券6社の精鋭たちが座談会を開き、「もっと …

黒田バズーカ2で上昇期待銘柄をチェックじゃ!

≪ネットマネー2月号≫P.44では、黒田バズーカ2で上がる裏株82を紹介しておるのじゃ。 先日紹介したとおり、この黒田バズーカ2により、日銀による大量資金供給が実施され、金利が低下することで、ノンバン …

トップへ戻る