○○企業の含み損の表面化でござるとな?!

Pocket

土地持ち企業の国際会計基準適用で含み益が表面化でござるぞ!

2020年の東京五輪開催に向けて、東京都市部を中心に開発が始動し
不動産の含み益が株価を動かす材料として力を増している。
これまでアナリストの試算などでしか把握できなかった土地の含み駅だが
時価主義を徹底する国際会計基準(IFRS)の導入後は、資産や利益を
大きく左右し、投資家の注目度が高まりそうなんでござる!
兜町では今も、「含み資産」という言葉に少なからず拒否反応が
残っているんでござる…。

1990年前後、東京湾岸部の土地持ち企業の株が「含み資産株」
「ウォーターフロント株」ともてはやされて急騰し、その後バブル崩壊で
急落した苦い経験があるからだろう。

ところが世の中がデフレからインフレ転じつつある今、含み益が再び脚光を
浴びているんでござる!
国際会計基準を適用すれば、保有不動産は時価で評価。
しかも、売却しなくても評価額が上昇すれば、利益として計上
することになるんでござる!
「含み益相場」が来るとすれば、三井倉庫などの老舗倉庫株が
本命でござる。財閥系企業は土地の取得原価がタダ同然に安く
含み益(時価との差額)だけで株式の時価総額に匹敵することもある。

また、老舗企業では片倉工業にも熱い視線が注がれる。
世界遺産に指定された富岡製糸場(群馬県)を所有・管理し
輸出品である絹糸を通じて日本の近代化を支えた企業でもある。

さいたま新都心駅前の再開発エリアでは、12万7000平方メートルもの
広大な土地を持ち、今は第2期開発が終盤に差し掛かっている一方
第3期開発の計画もある。片倉工業は長い繊維不況を乗り切る家庭で
不動産開発のノウハウを蓄積してきた企業でござる!

”絵に描いたモチ”で終わりがちだったこれまでの含み益相場とは
違い、簿価の低い不動産を活用した企業の利益成長を買う相場が期待
できるらしいんでござるぞ!

【カテゴリ】雑誌をざっくり読む

関連記事

5大テーマの有望株について注目なのじゃ

≪ダイヤモンド・ザイ2015年2月号≫P.62、P63では、業績に確実に影響を与え、中長期的に株価を持ち上げてくれる5つのテーマを紹介しておる。 この5つのテーマは、ニュースでしばしば取り上げられるテ …

【海外M&Aブームは果たして稼ぐ力を向上させるのか?】

日経新聞3月21日朝刊に『海外M&Aブームの罠』という記事が載っておるぞ。20日の日経平均株価は約15年ぶりの高値水準を付け、2万円乗せも視野に入ってきたのじゃ。自社株買いや増配が好感されて …

【ストラテジック・インカム戦略を参考にするのじゃ!】

≪ネットマネー3月号≫P.59~「風雲マネー塾」という記事が掲載されておるのじゃ。株や為替、投信などの金融商品について、その時々のホットな情報を、マンガを交えて分かりやすく取り上げておるのじゃ。 風雲 …

金運アップには財布選びも重要なのじゃ!

お金持ちは長財布を選ぶのじゃ。 日経マネー8月号の100ページではお財布について話しておる。 金運UPには財布選びも重要だということじゃ。 二つ折りよりも長財布のほうが優れているという。 貯まる人 貯 …

【2015年の投資先を見極めるのじゃ!】

≪ダイヤモンド・ザイ2015年3月号≫P.30より、「買っていい×買ってはいけない 2015年の投資先!」という記事が特集されておるのじゃ!この記事では、外資系の証券会社等金融会社のプロが、日本株のみ …

トップへ戻る