ジェイコム男BNFという漢の紹介 Part.2

Pocket

以前紹介した、ジェイコム男ことBNF氏。株式投資をしているトレーダーならもちろん、彼が有名になったきっかけである「ジェイコム株大量誤発注事件(ジェイコムショック)」が当時大々的に報道されたことがきっかけで、それまで株に興味がなかった人にも、その名前や当時彼がジェイコムショックで得た利益(20億3,500万)が知られるようになったのじゃ。

そんなBNF氏じゃが、ジェイコムショックで莫大な金額を手にした後も、株取引の世界で活躍しておるのじゃ。
株式市場の歴史に残る大事件とも言えるジェイコムショックじゃが、当然このようなことが起こること自体非常に稀で、この件で運よく大金を手にしたものの、その後は泣かず飛ばず…なんていうトレーダーも数多くいるのじゃ。
しかし、BNF氏はその後も着実に利益を出しておるぞ。
2008年には秋葉原駅前の商業ビル「チョムチョム秋葉原」の所有権を90億円で取得し、その際にも話題になったのじゃ。
また、2009年にはオリックスの、2010年にはJVC・ケンウッドホールディングスをはじめ6社の大株主になったのじゃ。その後また不動産購入して不動産資産だけで260億円に達したが、この不動産購入資金に充てたためか所有株式を売却し、大株主ではなくなったようじゃ。

その後も着実にトレードを重ね、2012年には川崎汽船、2013年にはイビデンとファルテック、2014年9月末時点では、ブロッコリーをはじめ10社の大株主になっておられるのじゃ。

さらには2014年12月26日の朝日新聞電子版の報道によれば、ふるさと納税で三重県伊賀市に1500万円の寄付をし、純金手裏剣3枚(500万円の寄付につき1枚が返礼としてもらえるとのこと)を受け取ることが判明したとのことで、今でも健在で、株取引以外の話題でも時折メディアをにぎわせていらっしゃるのじゃ。

とはいえ、そんなBNF氏もリーマン・ブラザーズ株では大きな損失を出したのじゃ。というのも、リーマン・ブラザーズ株を取得した2日後に同社が倒産したためじゃ。その結果7億円の損失を出した…という苦い経験もしておるそうじゃ。

苦い経験をしても、やはり勝ち組の伝説トレーダーであるBNF氏。そこで調子を狂わされることはなく、着実に資産運用しているのじゃ。

わらわもBNF氏のように、伝説のトレーダーになりたいものじゃ。そのためには、株取引を日々精進するのみじゃ。

勝ち組トレーダーになるために、まずは口座開設が必要じゃぞ。
まだであれば、口座開設情報を確認するのじゃぞ!

【カテゴリ】株の有名人

関連記事

【ジェイコム男ことBNFの乖離率逆張り手法をさらに掘り下げるのじゃ】

前回は、BNFが投資手法のうち、乖離率逆張り手法の概要を見てみたのでござる。 今回はさらにその手法を詳しく見てみるのじゃ。 BNFによれば、乖離率は単に数字だけを見て、どの銘柄も横一列に並べてはだめと …

【株取引の生き字引!BNF(ジェイコム男)】

これまでBNFの人となりや彼が有名になったきっかけ、ライフスタイルなどを紹介してきたのじゃが、彼が莫大な資産を築いた株取引の手法はなんじゃろうか。 前回、BNFは1日~1週間のスイングトレードを行って …

【投資家・杉原杏璃を見てみるのじゃ!】

グラビアアイドルの杉原杏璃。TVや雑誌でしょっちゅう見かける彼女じゃが、実は投資歴10年の投資家でもあるのじゃ。 グラビアの仕事以上に株で稼ぎ、最初はコツコツ貯めた数十万円で始めた株式投資も、今では数 …

【財テクの達人 川合俊一】

元・バレーボール全日本主将で、今ではタレントとして活躍している川合俊一。バラエティ番組などで見かけることも多く、スポーツタレントとしてのイメージが強いのじゃ。 実は、川合俊一は株式トレーダーでもあるの …

メディアが注目!東大首席卒・年収2億円デイトレーダー、ウルフ村田(村田美香)様。

前回紹介した、年収2億円デイトレーダーのウルフ村田(村田美香)様。 東京大学経済学部を首席卒業後、日本長期信用銀行へ入行という、王道のエリートであった村田様じゃが、長銀が破たんしたことで一大転機が訪れ …

トップへ戻る