SBI証券のレポートで、上昇相場に備えるのですわ!


日経平均株価は9/29安値16,901円を起点に上昇に転じ、10/26の取引時間中には8/31以来約2ヵ月ぶりに19,000円の大台を回復しましたわ。SBI証券ではこのことについて、レポートを掲載しているのですわ。

政策金利の年内引き上げ観測が後退した米国、次回のECB理事会で追加金融緩和を示唆した欧州、10/23に追加金融緩和を決めた中国と、世界的に緩和的金融政策の長期化につながるような動きが続いていますのよ。日本は、10/30の金融政策決定会合で日銀による追加緩和が実施される可能性が指摘されていますわ。

世界で緩和的金融政策が長期化した場合、投資環境として「リスクオン」の状態が継続すると期待されるそうですわ。それを受け、NYダウが9/29を「2番底」として反発に転じた他、10月に入ると世界の株式・為替市場の安定化が目立ってきた、とSBI証券では指摘していますのよ。それと月替り・期替り(下半期入り)でポジションを取りやすくなったことも手伝い、10月の日経平均株価は総じて堅調な動きとなった、とSBI証券では分析していますわ。
中国・新興国経済の減速を背景とする企業業績への懸念が後退し、好業績株が素直に買われる展開になってきたように思われる、とSBI証券では分析していますのよ。

図1は、日経平均株価の日足チャートを主要移動平均とともに表示したものですわ。

19,000円台への大台替りのみならず、75日移動平均(10/26現在19,147円)、200日移動平均(同19,173円)等も上値抵抗ラインとして機能しそうなのですわ。また、日経平均株価の「一目均衡表」では「クモの上限」が19,181円に位置しており、それも上値抵抗ラインとなりそう、とSBI証券では指摘していますわ。
また、「値幅的には、日経平均株価は下落幅(8/11~9/29)の「2分の1戻し」が18,923円ですので、すでにそこを達成して短期的な達成感が強まりやすいタイミング」とSBI証券では指摘していますわ。

これらを勘案すると、「テクニカル的には、日経平均株価はいつ反落しても不思議ではないタイミング」とのことですのよ。株価下落が続くのか、それとも反対に、上値を追う展開になるのか、月末は相場の乱高下に注意が必要なのですわ。

関連記事

【板ってどう見るのじゃ?】

株の取引で欠かせない板情報。 これが板なのじゃ。 この板を見ると、174,000円の買い注文が12株あることが分かるぞ。この12という数じゃが、これは12人の人が174,000円で買いたいと言っている …

プロのポートフォリオ構築術に必要な5つの特徴を持つ銘柄を見てみるのですわ!

SBI証券では、『 アメリカNOW! 今週の5銘柄』というレポートで、著名な投資啓蒙家である、ジム・クレイマー氏のポートフォリオ構築術を紹介しているのですわ。 前回紹介したとおり、クレイマー氏は5つの …

今後に期待できそうな12月決算銘柄に注目ですわ

SBI証券では、『日銀が緩和「補完」!後の物色は?ラストチャンス!?の「12月決算」銘柄に期待』という記事を掲載しているのですわ! 今回紹介するのは、業績見通しが好転し、予想配当利回りもある程度確保が …

建設機械株に注意なのじゃ

 時折工事現場の前を通り過ぎると、用途によって様々な建設機械が働いておるのう。それだけ機械を用いた工法の幅が広がったということじゃろうな。  そんな建設機械の大手、小松製作所(6301)の株価が9月1 …

自国通貨の価値調整手段を持つ国はどうやって危機を脱したのかしら(ギリシャ問題とユーロその3)

国民投票が行われ、これ以上の緊縮財政にNOを突きつけたギリシャ。 ギリシャは2010年にギリシャ危機が発生し、そこから欧州債務危機へと被害が広がったのですわ。前回書いたとおり、ギリシャの問題の根源にあ …

トップへ戻る