SBI証券のマーケット・フラッシュに注目なのですわ!

Pocket

SBI証券では、「日銀「追加緩和なし」でも、株価上昇トレンドは継続へ」というタイトルで、レポートを掲載していますわ。

昨日開催された日銀金融政策決定会合ですが、追加緩和されるかどうかが市場の注目を集めていましたわ。
結局「追加緩和なし」ということで終わったのですが、市場関係者の中には、追加緩和を期待している人もいたため、「短期的には、日経平均株価に波乱の余地も残りそう」とSBI証券では予測していますのよ。

というのも、金融政策決定会合の前、市場では追加緩和を期待し、それを先回りした株買い等のポジションも少なくなかったとみられるため、それらを解消するための売りが出てきそうだからなのですわ。
それに加え、もともと、10/30は500超の企業が発表を予定する決算発表集中日だったのですわ。
そのため、多くの銘柄が「様子見」になる可能性がある、とSBI証券では指摘していますのよ。

さらに、名実ともに10月最終日になるため、ポジションを取りにくいという事情も影響しそう、とのことなのですわ。

しかし、株式相場の波乱は短期間に収まる可能性が大きいとSBI証券では予想していますわ。
というのも、今回の追加緩和期待は「にわかに」高まったもので、その背景には、中国・新興国株安やそれに伴う世界経済減速への懸念があったからなのですわ。
でも、中国・新興国株の動きは一旦落ち着きを取り戻しつつあり、また、中国が「一人っ子政策」を廃止したことも長期的には評価されてくるだろう、とSBI証券では予測していますわ。

なお、米国がFOMC(10/27~10/28)後の声明で、年内の利上げに含みを持たせた表現をしたにも関わらず、米国株が上昇したあたりに、世界の株式市場の前向きな基調変化を感じる、としていますわ。
東京株式市場も「リスクオン」の局面に入っていると考えられるそうですわ。
下図は日経平均の一目均衡表ですわ。

日経平均株価は当面、20,000円回復に向けた上昇過程にある可能性もあり、押し目は「買い場」になるのではないか、とSBI証券では予測していますわ。

関連記事

ユーロの負け組(ギリシャ問題とユーロその11)

前回はユーロ圏の勝ち組のドイツを取り上げましたわ。今回は、今や世界経済の火種になってしまっているギリシャを取り上げてみるのですわ。 負け組の筆頭とも言えるギリシャは、もともと国民の4割が公務員という、 …

スーパーに転機なのじゃ

 時代も変われば在り様も変わるのじゃなぁ。かつて総合スーパーが登場し、その便利さから多くの人が買い物に訪れたのじゃ。その後、形を少しずつ変えながら増えていった総合スーパーは、消費の多様化によって淘汰さ …

ユーロはどんなものなのかしら?(ギリシャ問題とユーロその8)

ギリシャは財政を立て直そうにも、どん詰まりの状態にありますのよ。その原因は、統一通貨であるユーロにある、ということはすでに書いたとおりですわ。 例えば我が国にしろ、アメリカにしろ一国一通貨を採っていま …

プロのポートフォリオ構築術に必要な5つの特徴を持つ銘柄を見てみるのですわ!

SBI証券では、『 アメリカNOW! 今週の5銘柄』というレポートで、著名な投資啓蒙家である、ジム・クレイマー氏のポートフォリオ構築術を紹介しているのですわ。 前回紹介したとおり、クレイマー氏は5つの …

ギリシャ危機って何かしら?(ギリシャ問題とユーロその1)

最近何かと話題にのぼっているギリシャ。ユーロを離脱するか否かが注目されていますが、2010年にギリシャ危機を引き起こしたのは、まだ記憶に残っているのではないかしら? 長引くギリシャ問題の原因をおさらい …

トップへ戻る