SBI証券のマーケットの注目イベントについてのレポートが参考になるのですわ!


SBI証券では、来週日本時間27-28日に開催される米FOMCをはじめとしたマーケットの注目イベントと、それに伴うマーケットの反応予想について、レポートを掲載していますわ。
来週は様々な注目イベントがあるのですが、特に注目されているのが、米FOMCなのですわ。

FOMCでは金利引上げの有無が注目されていて、さらに、30日には今月2回目の日銀金融政策決定会合が開催されるのですわ。今回の会合では、半期に一度の展望レポートをリリースすることから、市場では金融緩和を実施するのではないかとの関心が高まっているのですわ。

ただ、先週末に不動産、その他金融、倉庫といった金融緩和関連銘柄が物色されたものの、今週に入ると物色は一服していますのよ。それに対して一部の市場関係者の間からは「ただの日米金利低下による低金利メリット銘柄の物色ではなかったのか」との声も挙がっているそうですわ。為替市場でドル・円が動意薄となっていることを考慮すると日銀ラリーではなかったとの見方は否定できない、とSBI証券では分析していますのよ。

現物、先物、オプション市場ともに今年最低水準の出来高となっていることは、海外投資家の様子見姿勢が強まっていることを示唆している、とSBI証券では指摘していますわ。
海外投資家が様子を見る材料は2つで、一つは日米欧の金融政策、もう一つは安倍改造内閣の政策なのですわ!
これは日経平均とドル円のチャートですわ!

来週は日米欧の金融政策に関係する会議が目白押しなのですわ!、
21-22日にECB理事会、27-28日にFOMC、30日に日銀会合となっていますのよ。

ECBでは追加の金融緩和の有無、FOMCでは金利引上げの有無、日銀会合では追加の金融緩和の有無がそれぞれ焦点になっていますわ。そのため、「各国の政策などを分析して投資を行うグローバル・マクロ戦略を手掛けるヘッジ・ファンドからすると複雑に絡みすぎており売買は手控えられよう。」とSBI証券では予測していますわ。

反対に、今の局面で積極的にグローバル・マクロ戦略や、アービトラージを手掛けるヘッジ・ファンドは、8月から9月の相場で大負けしたところぐらいではないか、とも予測していますわ。ただし、その場合、大きな利益を狙うこともできるが、足元の地合いを考慮すると積極的にはリスクを取れないのではないか、とも予想していますわ。

関連記事

【空売りを知ってタフなトレーダーになるのじゃ!】

株は一方向だけに価格が動くものではないぞ。上がることもあれば下がることもあって、不規則なのじゃ。 何度も書いているとおり、わらわはもともと「株を安く買って、高く売る」買い取引を行っておったぞ。わらわの …

日本銀行が買いを増やす上昇基調の銘柄に注目ですわ!

12/18(金)の金融政策決定会合で、日銀は大規模な金融緩和策を補完するため、設備投資や人材投資に積極的な企業の株式が含まれるETFを年間およそ3,000億円買い入れる新たな枠の設置を決めたのですわ。 …

第十七回:PBRって何でござるか?

「前回は企業の割安性を判断する指標として「PER=株価/一株当たりの利益」を紹介したでござる。でもPERは万能でないことも説明したでござる。何か質問はあるでござるか?」 「万能じゃないって事はそんなに …

ドンキの売り上げが好調なのじゃ

ドンキホーテホールディングス(7532)は2015年6月期の連結決算が純利益で前期比8%増の231億円となったことと共に、2016年6月期の連結純利益が233億円と、6期連続で最高益更新になる見込みと …

東洋ゴム工業の株価が値下がりしたのじゃ

東洋ゴム工業の株価が大幅に値下がりしたのじゃ。2015年3月に免震ゴムの性能偽装問題が発覚し、交換作業などの費用としておよそ140億円を計上していたのじゃが、8月6日に交換費用などで追加損失100億円 …

トップへ戻る